Chambre Close

写真拡大

 「シャネル(CHANEL)」のムービーを手掛けたことで知られる写真家 ベッティナ・ランス(Bettina Rheims)が、写真展「Chambre Close」をArt Gallery M84で開催する。会期は8月14日から26日まで。
 ベッティナ・ランスは1952年パリ出身。写真家のアシスタント経験を経て、1978年に雑誌「エゴイスト」でカメラマンデビューした。被写体にストリッパーを選んで以来、女性を写した作品を数多く発表。現在は雑誌、広告などを手掛けるほか、個人プロジェクトにも取り組んでいる。
 今回の写真展では、セルジュ・ブラムリーの小説とのコラボレーションで1990年から1992年に制作したヌード写真集「Chambre Close」の作品から約20点を展示。パリの女性達を被写体に、女性の華やかさや儚さ、内面から湧き出る美や苦悩、憂いなどを写し出す。展示作品は全て購入することが可能。