京王電鉄は、アドベンチャー・ミャンマー・ツアーズ&インセンティブズと合弁会社をミャンマーに設立することを、8月1日に開催した取締役会で決議した。

ミャンマーでは経済開放政策で更なる経済発展が予測されることから、今後国際的な水準の都市型ホテルや高級サービスアパートメントの需要拡大が見込まれるため、国内で京王グループが蓄積した事業ノウハウを活用した事業を展開する。出資比率は京王電鉄が65%、アドベンチャー・ミャンマー・ツアーズ&インセンティブズは35%。

ホテルとサービスアパートメント計400室とプールなどを備えた都市型ホテル、高級サービスアパートメント事業を展開し、2020年にも開業を目指す。