日本マクドナルドは、8月1日から全国にある約2,900のマクドナルド店舗で、電子マネーnanaco」や交通系電子マネー「Suica」等の決済サービスを開始しました。
 
電子マネーによる支払いに関しては、以前はiDやWAON、楽天Edyなどに対応していましたが、今回よりSuicaを利用できるようになったことでApple Payを利用した支払いも可能となります。

新たに10種類の電子マネーに対応


 
8月1日よりマクドナルドで新たに利用できるようになった電子マネーは、「nanaco」、「Kitaca」、「Suica」、「PASMO」、「TOICA」、「manaca(マナカ)」、「ICOCA」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」の10種類です。
 
Suicaはカードタイプだけでなく、Andoroid の「モバイルSuica」アプリでも利用できるほか、iPhoneでは「Suica」アプリを利用することでApple Pay決済も可能となります。

今後はクレジットカード決済も導入予定

またマクドナルドは、今後「Visa」や「Mastercard」等のクレジットカード、さらに「Visa payWave」や「Mastercard コンタクトレス」といった次世代型クレジットカード決済サービスも導入予定としています。
 
開始時期は明記していませんが、クレジットカード対応は2017年末までには、次世代型クレジットカードは東京オリンピックが開催される2020年までには対応することが予想されます。
 
 
Source: 日本マクドナルドvia 携帯総合研究所
Photo:flickr-Yasunobu HIRAOKA
(kotobaya)