飛行機に乗っていたところ、大きな声で騒ぐ4歳ぐらいの女の子を目撃した指南役(@cynanyc)さん。

※写真はイメージ

お母さんが何度注意をしても、女の子は騒ぎ続け、静かにはしてくれません。

この様子を見ていたのは、後ろに座っていたご婦人。

そして、こんな声をかけます。

※写真はイメージ

お姉ちゃん、そこにネンネしてる赤ちゃんがいるの。

静かに寝かせてあげて。

すると、女の子は微笑み、ピタリと静かになったのです!

この出来事を見た投稿者さんは、こう感じたといいます。

人間、上から注意されるより、何か役割を持たせた方がいうことを聞くのではないか。

多くの示唆に富んだこのエピソードがTwitterに投稿されると、さまざまなコメントが寄せられます。

身内がいうよりも、知らない人にいわれた方が聞くことってあるよね。実は大人でも同じ。ステキなご婦人ですね。ヒステリックに怒るのではなく、優しくさとすように伝えることで、女の子を魅了してしまったのでしょう。視点が変わったということですね。こういうことを自然にいえる人になりたいと思いました。

「静かにしなさい!」と叱られることで、騒ぐことを止める子どももいるでしょう。しかし、中には注意をされても、いうことを聞かない子どももいます。

そんな時に、役割を持たせて、静かにする方へと導いたご婦人の言葉。

見知らぬ女の子に、サラッとこんなことをいえるこの女性は、きっととてもステキな方なのでしょうね。

[文・構成/grape編集部]