犬の熱中症の危険性

人間なら快適に過ごせる温度でも、全身毛で覆われて人間のように汗をかけない犬にとって夏は非常に危険です。
熱中症は命に関わる大変危険な状態で、毎年たくさんの犬が熱中症によって命を落としています。
熱中症は飼い主さんがきちんと対策を取れば防ぐことが出来ます。どんな対策をとったらいいか詳しくみていきましょう。

室内飼育の熱中症対策

エアコンをつける

エアコンをつけて部屋の温度を涼しくしましょう。
熱中症対策を考えると23〜24度がいいのですが、あまりに涼しすぎるとお散歩で外に出た時の外気温の差がありて熱中症の原因になってしまいます。
人間が快適に過ごせる温度が26〜28度ですので、そこから1〜2度下げ湿度は50%くらいが一番良いでしょう。
そして冷たい空気は床に溜まりやすいので、扇風機を使い空気を巡回させましょう。
また、最新の人に感知するエアコンは、犬に留守番をさせるときに反応しない場合がありますので注意が必要です。

カーテンを閉める

日の当たる場所はさらに室温が高くなってしまいますので、カーテンを閉めて直射日光が入らないようにしましょう。

クールマットを敷く

犬の暑さ対策グッズはいろいろな物が売られています。その中でもクールマットを敷くと気に入ってくれれば冷たいマットの上で寝てくれます。嫌がる場合は傍に保冷剤をタオルで巻いたものを置くのも効果的です。

新鮮な水をいつでも飲めるようにする

夏場はたくさん水を飲みます。1ヶ所だけでなく数ヶ所に水を置き、いつでも飲めるようにしましょう。

屋外飼育の熱中症対策

直射日光の当たらない日陰に繋ぐ

夏場ずっと屋外にいる犬は大変辛い思いをしています。普段過ごす場所を移動し日陰で涼める場所に繋ぐようにしましょう。
日陰は時間によって移動してしまいますので、時間が経っても大丈夫な場所に設置することが大切です。
移動が難しい場合は、サンシェードや植物で日陰を作りましょう。可能であれば、夏場は玄関などにお部屋を作ってあげてもいいかもしれません。

スノコやウッドパネルを敷く

アスファルトは高温になりやすいです。犬が過ごす場所がアスファルトの場合は、スノコやウッドパネルを敷いて地面からの温度を遮断しましょう。

新鮮な飲み水を切らさないように気をつける

屋外に飲み水を置いていると、炎天下ではいつの間にか水がなくなっていたり飲み水の温度が上がりお湯になっていることがあります。こまめに飲み水を新鮮な水に変えたり、1ヶ所だけでなく数ヶ所に飲み水を設置し、いつでも飲めるように気をつけましょう。

外出時の熱中症対策

車内で留守番はさせない

夏場の車内でエアコンを切るとあっという間に室温が上昇してしまいます。短時間であっても犬を室内に残したまま飼い主さんが離れることのないように気をつけましょう。

車内に乗せるときはエアコンの涼しさを感じられる場所に設置する

車内では特に後部座席は涼しくない場合があります。運転している飼い主さんは涼しくても後部座にいる犬は暑くてバテててしまったたケースもあります。犬を車内に乗せる時はエアコンの風が届く場所にしましょう。

キャリーバッグの底に保冷剤を敷く

キャリーバッグの中は暑くなりがちです。キャリーバッグに入れて移動する時は、底に保冷剤をタオルで巻いた物を敷き暑くならないように気をつけましょう。
ただし、保冷剤の中身はわんちゃんにとって有害なものです。なので、万が一食べてしまう危険性があるようなら控えましょう。また、首に保冷剤をまいてあげたりしてもいいかもしれません。

お散歩での熱中症対策

暑い時間帯は控える

夏場の日中のお散歩は大変危険ですので、比較的涼しい早朝か夜遅くに行きましょう。
また外気温が下がっても日中の熱が地面に残っていることもありますので、手で触り熱くないか確認することも大切です。

こまめな水分補給を

夏のお散歩では、散歩中でもこまめに水分補給が出来るように水を持って行き、途中で飲ませてあげましょう。

まとめ

高温多湿の日本の夏は犬にとっても辛い季節です。私達人間は暑かったら冷たい物を食べたりエアコンを付けたりなど出来ますが、犬は自分で暑さ対策をすることは出来ませんので全て飼い主さんの手にかかっています。
毎年たくさんの犬が飼い主さんの管理不足による熱中症で命を落としています。大切な愛犬を守るためにも正しい知識をつけ熱中症対策を取りましょう。


(獣医師監修:加藤桂子先生)