犬と猫のかけっこ対決!

「犬と猫、足が速いのはどっちなの?」

長年のこの疑問に、たった今終止符が打たれようとしています!

みなさまは、犬と猫のどちらが足が速いと思いますか?

犬は、走ることが得意なイメージがありますよね。そのイメージ通り、犬はかなり足が速いです。
犬の中でも足の速い犬種は、なんと時速70kmで走ることができるといわれています。これはオオカミやダチョウと同じぐらいの速さです。驚くことに、百獣の王と呼ばれるライオンより速いことになります。
しかし、一般的な犬の時速は40kmぐらいだそうです。時速40kmというのはゾウと同じぐらいの速さです。(少し想像しにくい・・・。)

一方、猫の足の速さはどれぐらいなのでしょうか。
猫の最高時速は50kmだといわれています。この時点では猫の勝ちですが、このスピードを出せるのはほんの一瞬なのです。獲物を見つけ、忍び足で近づき飛びかかる一瞬のみ。

ということで、犬と猫がかけっこすると・・・

『短距離なら猫』
『長距離なら犬』

の勝ち〜!

犬の速さの秘密

犬の足の速さの秘密、それは「後ろ足の筋肉が発達している」ことではないでしょうか。後ろ足で地面を蹴り、前脚で方向転換する。これはチーターと同じ走り方です。犬は、足の速い獲物を捕まえるため、このような筋肉を持っているのです。

猫の速さの秘密

猫は、「筋肉が柔らかい」ことが強みです。その上、背骨に柔軟性があるため瞬発力が抜きん出ているのです。猫は、より早く足を地面から離すために普段からつま先歩きをしています。瞬発力と跳躍力に長けた体つき、走り方なのですね。

特に足の速い犬種・猫種

見た目通り!?足の速い犬種

グレイハウンド

世界一足が速いといわれる犬種は、ドッグレースで活躍するグレイ・ハウンドです。なんと時速60〜70kmで走ることができるそうです。
グレイ・ハウンドは、時速60〜80kmで走るうさぎを追いかける猟犬でした。そのため、うさぎと同等に競える足の速さを持っているのです。

ボルゾイ

ボルゾイはロシア語で「敏速」を意味します。昔はオオカミ猟をしていたため、足の速さには定評があります。

ウィペット

細くしなやかな見た目通り、すばしっこいのが特徴です。時速55kmで走ることができるのだとか。

ジャックラッセルテリア

小さい体ながら、足が速くスタミナもある犬種です。昔はキツネ狩りに一役買っていました。

ボーダーコリー

頭の良い犬種として知られるボーダーコリーは、実は運動神経も抜群!文武両道とは、恐れ入りました。

狙った獲物は逃がさない!足の速い猫種

エジプシャンマウ

猫のスプリンターと呼ばれるエジプシャン・マウは、猫の中で最速の足を持つといわれています。足が長く、凜とした佇まいをしています。

まとめ

長距離走なら犬の勝ち、短距離走なら猫の勝ちという結果になりました。

足の速い犬・猫は足が長く細いけれど、ほどよく筋肉が付いており、見た目通りという印象でした。引き締まった体はとても美しく、羨ましいほどです。

ちなみに我が家のトイプードル、くるるは私よりも足が遅いのでは?と思う節が多々あったのですが、長距離走が得意だと分かり「なるほど。」と納得しました。なぜなら、私は短距離が得意だから!(くるるよ、人に負けていいものなのか…?)

最近は、犬を思いっきり走らせることができるところも少なくなってきている気がします。その分、お散歩を少し長めにしてみたり、ドッグランで開放的な気分を味わえたらいいのかな、と思います^^