Image: pianodiaphragm / Shutterstock.com


自宅で聞いても、違和感がなさそう。

今年12月にアメリカやイギリスなどで販売が開始される、Apple(アップル)による待望のスマートスピーカー「HomePod」。MacRumorsによると、「開発者のAvery Magnotti氏が、先週末にリリースされたHomePodのファームウェアからインターフェイスの動作音を発掘した」とのこと。

動作音はネット上に流出しています。出荷製品でも同じ音が利用されるとは限らないのですが、早速聞いてみましょう。


Video: Avery Magnotti/YouTube


「アラーム音」「タイマー音」と名付けられたこれらのサウンドは、ポロンポロンとなんとも聞きやすい効果音。主に家庭で利用されることを考えると、このような優しい音があっているのかもしれません。

動画の20秒くらいからは「ライトハウス」「セットアップ」「セットアップ・ステップ・ソース」「セットアップ・ステップ・ターゲット」と名付けられた音も聞けます。これらはPCやiPhoneとのペアリング時に利用されるのでしょうか? どの音も、角の取れた丸い音だな〜。

HomePodのファームウェアからは、これまでもHomePodでiOSが動作していることやLEDディスプレイなどの詳細スペック、さらには「iPhone 8」の赤外線による3D顔認証などの情報も判明しています。正直、こんなに情報が漏れていいのか、という気もしますが…。


Image: pianodiaphragm / Shutterstock.com
Source: MacRumors

(塚本直樹)