「100%の若手より70%の中心選手」 “強豪浦和”の陰にあったレギュラー固定化の弊害

写真拡大

諸刃の剣だった“ペトロヴィッチ流” 就任5年半で常に上位を争ったが…

 浦和レッズは、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督との契約を7月30日で解除し、同日から堀孝史新監督がコーチから昇格する形で指揮を執ることを発表した。

 通訳も務めていた杉浦大輔コーチとの契約も同時に解除し、週が明けた1日には長嶺寛明アシスタントコーチも辞任した。クラブ最長の6シーズン目に入っていたペトロヴィッチ体制の最終盤は、これまでの強みが時間を経て“諸刃の剣”としてチームに襲いかかっていた。

 ペトロヴィッチ監督が2012年に就任して以降の浦和は、特に6月くらいからは予想スタメンを作るのが非常に簡単だった。ある主力選手と若手選手との差について、指揮官は「70%の状態の中心選手の方が、100%の若手選手よりチームに力を与える」と話したことがある。序列をハッキリさせ、レギュラーが固定される傾向の強い選手起用は、浦和で指揮を執った時間の前半部分ではプラスに働いた。

 GKも含めた後方からのポゼッションを大事にし、連動性とコンビネーションを重要視してきた。そのサッカーを表現するには、同じ選手たち、同じ組み合わせでプレーする時間が長ければ長いほどいい。サンフレッチェ広島の監督時代に指導した選手が多く浦和に加入したことも、その流れを加速させ、チームのコンセプトと戦術を理解する選手たちが、さらに長い時間を一緒に過ごせば、精度が向上していくことは当然の成り行きと言えた。そうしたペトロヴィッチ監督のチーム作りは、短期的には成績の回復、中期的には安定化へとつながっていった。

才能豊かな若手が伸び悩み流出

 特に最初の数年間は効果の大きさが顕著だった。就任前年の2011年に残留争いをするところまで落ち込んでいたチームは、初年度からリーグ3位に躍進し、翌年にはヤマザキナビスコカップ決勝まで進んだ。競争による危機感とはまた違う、チームの中心選手として信頼され、一度や二度のミスではポジションを失わない状況は、コンセプトに不可欠なプレー面でのリスクを負う決断をしやすくした。

 しかし、それと同時に失っていった、あるいはロスしていったことも少なからずあった。それが、若手選手たちの出場機会減少とチーム内競争の乏しさだった。

 浦和にはペトロヴィッチ監督の就任時点で、DF高橋峻希(現ヴィッセル神戸)やMF山田直輝(現湘南ベルマーレ)などの下部組織出身選手や、浦和に高卒で加入したMF小島秀仁(現愛媛FC)といった将来を嘱望される才能豊かな若手が揃っていた。しかし、レギュラーとサブの序列がハッキリとされるなかで彼らは出場機会を得られず、コンディションを落として練習でのパフォーマンスも低下。それが試合への出場をさらに遠ざけるという悪循環を生んでしまう。結果として、表面上のレギュラーを支え、それに代わっていく人材の育成という意味で、浦和は犠牲を払うことになった。

 近年、中心メンバーの固定化がデメリットとして浮き彫りになった象徴と言えるのが、出場機会の少ない選手たちが自分たちのことを、当たり前のように「サブ組」と表現するようになったことだろう。

就任6年目に噴出した負の部分

 それはもしかしたら、補強にも影響を与えていたのかもしれない。何年も中心選手が固定され、同じポジションに加入した選手は常にサブとなり、レギュラーを取ることなく移籍していく。そうした状況のチームは、移籍先やプロのキャリアをスタートする場所として選ぶには勇気がいる。

 結果的に5年以上、ほぼ休みなく試合に出続けた選手たちには、本人たちの思いとは別に、疲労の蓄積やフレッシュさの欠如が隠せなくなっているように見えた。チームが好調な春先には表立っては見えなかったが、一度不振に陥ると浮上することができなかった。

 ペトロヴィッチ監督に限らず、一般的に監督は自分が作り上げてきたチームを、自らの手で変化させることや世代交代を進めていくことは難しい。その課題が6年目になって、急速に結果として表れてしまった。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images