NCT テヨン&ユ・ヨンジン、SM「STATION」でコラボ曲「一緒に(Cure)」を5日に発表…ロックジャンルの楽曲に期待

写真拡大

SMエンターテインメントの代表プロデューサーユ・ヨンジンとボーイズグループNCTのテヨンが「STATION」シーズン2の19番目の主人公として出撃する。

ユ・ヨンジンとテヨンのコラボで誕生した新曲「一緒に(Cure)」は5日正午、MelOn、genie、NAVER MUSICなど韓国の各音楽配信サイトで音源が公開される予定であり、音楽ファンの好反応が期待される。

特に、今回の新曲「一緒に(Cure)」は、エモーショナルロックジャンルの曲で、ユ・ヨンジンによる作詞・作曲はもちろん、テヨンも作詞に参加して、大変な時代を一緒に生きていく誰かに手を差し伸べて、助け合って励まし合い、傷ついた心を“治癒(Cure)”しようというメッセージを込めている。

また、ユ・ヨンジンは多数のヒット曲を生み出した最高の作曲家で、韓国R&Bの巨匠であり、昨年EXOのディオとコラボした「Tell Me(What Is Love)」で韓国の8つの音楽配信チャートで1位を席巻して以来「STATION」には2回目の参加となり、さらに期待を高めている。

また、テヨンはNCTのソウルチームNCT 127のメンバーとして活躍し、素晴らしいパフォーマンス、ラップやルックスまで兼ね備えた多芸多才な魅力で注目を受けているだけに、今回の「STATION」を通じて披露する新しい姿が、好奇心をくすぐる。

SMのデジタル音源公開チャンネル「STATION」シーズン2は、毎週様々なアーティストやプロデューサー、作曲家とのコラボで、完成度の高い音源やコンテンツを披露して、好評を得ている。