「操作」ナムグン・ミン、イ・ジュスンと手を組む

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「操作」のナムグン・ミンがイ・ジュスンを助けることになった。

1日、韓国で放送されたSBS月火ドラマ「操作」(脚本:キム・ヒョンジョン、演出:イ・ジョンフム) 第7、8話では、5年前に海上警察関係者を殺害した疑惑で逮捕されたユン・ソンウ(イ・ジュスン) 事件の取材に乗り出すハン・ムヨン(ナムグン・ミン) の姿が描かれた。

ユン・ソンウは過去に事件の目撃者だったが、背後の勢力により犯人に仕立てられた。再審を要請したがこれは受け入れず、彼の弁護を引き受けると乗り出した弁護士は、法務法人ノアと手を組んだ敗訴専門の弁護士であった。

これに対し疑わしい関係を感じたハン・ムヨンは彼のもとを訪れ、ユン・ソンウは彼と手を組んだ。ユン・ソンウは、「愛国新聞が私の無罪を立証してほしい」と話した。ユン・ソンウはハン・ムヨンを人質にとらえて脱走した。

その後、愛国新聞の記者はユン・ソンウを助けようと過去の事件の真相について取材した。