JK時代はどんな顔だった…?(2014年5月撮影)

写真拡大

アイドルグループ「でんぱ組.inc」のメンバー、最上もがさん(年齢非公表)が自身のインスタグラムに「高校生の頃の写真」を投稿し、ファンから反響が寄せられている。

現在の最上さんといえば、金髪ショートカットのヘアスタイルやシャープな輪郭、黒目がちで大きな瞳などが印象的だが、高校時代は少し違ったようで―......

ダークな髪色、切れ長の目...

最上さんは2017年8月2日、

「実家に帰ったら高校生の頃の写真が出てきた。笑える。まだマシな方のやつ。ちなみに整形してない。したかった」

というコメントとともに自身の高校時代の顔写真をインスタグラムに投稿した。

現在は金髪がトレードマークの彼女だが、投稿された「高校生の頃」の最上さんの髪はダークカラーで、顔は今より少しふっくらしているほか、目元も現在と比較すると少し切れ長に見え、全体的に幼く素朴な印象を受ける。

ただ、ショートカットで前髪を眉のあたりで切り揃えた髪型や口元、鼻筋などは今とほとんど変わらず、現在の面影が見え隠れしている。

こうした幼さの残る最上さんの「JK時代」の写真には、ファンから

「今と変わらず可愛いです」
「すんごい雰囲気ちがう!!これもまたいい」
「幼くて可愛い!整形いらない可愛さだよ!黒髪も似合うね」

といった反応が寄せられているほか、

「整形しなくて可愛くなるってほんとに努力してんだなーって思うよ。この写真も可愛いけど今の方が好き」

と現在の美貌は「努力の賜物」だと指摘する声も上がっている。