JVCケンウッドは、JVCブランドより、“重低音&タフ”をコンセプトとした「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズのBluetoothイヤホン「HA‐FX33XBT」、「HA‐FX11XBT」を8月上旬より発売します。実売予想価格は、HA‐FX33XBTが1万円前後、HA‐FX11XBTが8000円前後。

↑HA‐FX33XBT(ブラック&レッド)

 

FX33XBT/FX11XBTは、安定した装着感のネックバンドスタイルと、約14時間の長時間再生が可能な大容量バッテリーを採用していることが特徴。また、XXシリーズならではの迫力ある重低音再生のため、低音を増強するバスブースト回路(オン・オフ切り替え可能)も搭載しています。

↑装着イメージ

 

2モデルの違いは、FX33XBTのみ、キレのある重低音再生を実現するカーボン振動板を採用し、ハウジングが振動を低減するメタルボディ仕様になっていること。また、カラーラインナップは、FX33XBTがブラック&レッド(Z)、レッド(R)、シルバー(S)の3色。FX11XBTがブラック&レッド(Z)、ブラック(B)の2色となっています。

↑HA‐FX33XBT(左からブラック&レッド、レッド、シルバー)

 

↑HA‐FX11XBT(ブラック&レッド、ブラック)

 

両モデルとも、10mm径のネオジウムドライバーユニットと、パワフルでキレのある重低音再生を実現する“エクストリームディープ”バスポートを採用。衝撃に強いエラストマー素材の“タフ”ラバープロテクターで、ハウジングをしっかりガードしています。音楽再生/一時停止/スキップなどのリモート操作やハンズフリー通話が可能なマイク&リモコンも搭載。対応するBluetoothコーデックはSBCのみとなっています。

 

Bluetoothイヤホンは再生時間が気になるものですが、このXXシリーズなら長時間再生ができ、充電の手間も減らすことができます。通勤・通学で毎日イヤホンを利用する、という人にピッタリのイヤホンですね。