カンボジアのアンコールワットで巨大像発見 病院守るシンボルか

ざっくり言うと

  • カンボジアのアンコールワットで7月29日、新たに巨大な像が出土した
  • 古代の病院を守るシンボルの役割を果たしていたとみられる
  • 像は2メートル近くあり、12世紀末〜13世紀初めのものと考えられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング