出典:Shutterstock.com

気付けば今年の夏休みは、予定が全然埋まっていない…という方はいませんか? 遠方への旅行を計画したり友達を誘ったりするには余裕がないし、ひとりでゆっくり楽しむ方が気楽という人もいるでしょう。そんな方のために、直前に迫った長期休暇を満喫できる方法ご紹介します。

ひとりでも楽しめるカメラ旅



出典:Shutterstock.com

カメラを持って気ままなひとり旅はいかがですか? 古い町並みやきれいな景色を前に、どう感じるか自分の心と向き合ったり、普段じっくり見ることのない雲や風の動きを感じたり、ひとり旅ならではの楽しみ方がたくさんあります。そこにカメラがあれば、なにかを感じたその瞬間を写真におさめて。
行き先は、有名な観光スポットや海外など、特別なものがある場所でなくても大丈夫。家の近くでも、電車に乗ってふらりと降りた場所でもいいので、気になったものや「素敵だな」と思ったものに、カメラを向けてみましょう。今まで自分が気付かなかった感性や好きな色、景色などに気付けるかもしれません。

自分磨きにおすすめのスポット



出典:Shutterstock.com

時間がある夏休みこそ、自分磨きにおすすめ。仕事や学校がある日は難しいことも、時間を気にせず向き合えます。自分磨きとしておすすめのスポットは、図書館やお寺。図書館ならさまざまなジャンルの本や雑誌が、好きなだけ読め、美容や仕事、「知りたい」「調べたい」ことを、とことん追求できます。普段は小説しか読まないという人も、夏休みは自分磨きにつながるような本をチョイスしてみましょう。
また、お寺ではヨガや座禅などのイベントも行われています。普段行くことのない空間で、静かに自分の心と向き合ってみませんか? 邪念を捨てると、気付かなかった自分の気持ちに出会うきっかけにも。なにか決断をするとき、邪念や周りの目を無視して素直な気持ちで決められるようになるかもしれません。

家で退屈せず過ごす方法




出典:Shutterstock.com

夏休みに外出すると、どこも人が多いのがネック。できればおうちで退屈せずに満喫したい人もいるでしょう。平日は簡単な料理しかできないという人は、夏休みこそ本格的な料理に挑戦してみては? 市販のカレールウを使わずスパイスから調合して隠し味、具などにこだわってカレーを作ったり。カフェで食べるようなスイーツを手作りすると、格段においしく感じるはず。いつもはたっぷり摂れない野菜を多く使うと、ヘルシーで彩りも楽しめます。お酒が好きな人なら、おしゃれなおつまみを何品か作って、ひとりでゆっくりお酒を楽しむのもおすすめ。

夏の長期休暇は、海外に行ったり友達大勢で楽しんだりするのに最適ですが、人に気をつかわず、自分のペースで過ごす夏休みも違った楽しみがあっておすすめ。休暇前より、ちょっぴり自分が好きになれるような夏休みになりますように。