Photo by cinemacafe.net

写真拡大

ジェームズ・キャメロン、デヴィッド・フィンチャーといったヒットメーカーを輩出した伝説的なシリーズ『エイリアン』の創造主、リドリー・スコットが再び自らメガホンをとる最新作『エイリアン:コヴェナント』。このたび、マイケル・ファスベンダーが挑んだ謎の役柄が明らかになる特別映像が公開された。
人類の植民地となる惑星オリガエ6への移住計画のために、2,000人の男女を乗せて地球を旅立った移住船コヴェナント号。だが、航海中に宇宙空間で大事故に見舞われ、修復作業中に奇妙な電波を受信したクルーは、発信元の惑星を調査することに。事故で夫を亡くした女性乗組員ダニエルズたちが降り立ったその惑星は、自然環境が地球と極めて似通っていたが…。

到着した映像では、どこか近未来的な施設での“何か”の製作過程が描かれていく。やがてでき上がったのは、「“私たち”はウォルター」と話す等身大のアンドロイド「最新型“ウォルター”完全なる奉仕者」。どうやら、アンドロイド販売のCM映像のようであり、広告主はウエイランド・ユタニ社だ。表示される「あなたのウォルターを予約しよう」のURLにアクセスすれば、ウォルターが予約できるのだろうか?

滅び行く地球から脱出した宇宙船コヴェナント号にいる、唯一の“独身者”ウォルターを演じるマイケル・ファスベンダーは、“彼”について「人間のように感情に流されることなく、論理的に行動する。虚栄心や嫉妬や感謝の気持ち、そういった概念は一切持ち合わせていない」と明かす。また、映像内で“完全なる奉仕者”とあるように、スコット監督も「運行中はウォルターがあらゆる雑事を担う。眠らないし、歳も取らない」と説明する。

ファスベンダーと『プロメテウス』『悪の法則』に続いてタッグを組んだスコット監督は、「マイケルには素晴らしいユーモアセンスがある。私は、いつでもマイケルの茶目っ気のあるユーモアを見つけようとしている」とも語っており、ファスベンダーがアンドロイドとして、この緊迫したストーリーの中でどのようなユーモアを発揮するのかも気になるところ。

一方で、ファスベンダーは「子どものころ『エイリアン』を初めて観て、怖かったのを覚えている」と前置きしながら、「私には『エイリアン:コヴェナント』は、多くの意味で『エイリアン』のような感じがする」と激白、「オープニングから10分後にはもう容赦なしの展開を見せる。本作は全作の中で一番衝撃的なものになると思う」と衝撃の展開が待ち受けていることに触れた。

人工知能(AI)やAIロボに関するニュースが話題となっているいま、ウォルターが本作ではどのような役割を果たすのか、注目だ。



『エイリアン:コヴェナント』は9月15日(金)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
エイリアン:コヴェナント 2017年9月15日より全国にて公開
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

■関連記事:
『エイリアン』新ヒロイン、役づくりの陰にエズラ・ミラーあり!?
エイリアンの姿が明らかに…リドリー・スコット絶賛のポスター世界初公開
「エイリアン・デー」にファン熱狂!最新作『コヴェナント』衝撃の予告編解禁
【予告編】D・フィンチャーが描くプロファイリングの起源「マインドハンター」配信へ
シュワちゃん祝70歳!3Dで戻ってくる『ターミネーター2』は「時代のはるか先を行っていた」