IoTで「農業効率化」目指す実証実験、KDDIが開始。畑の外気温・湿度・含水率等を可視化
KDDIやシスコなどは、IoTを活用した農業効率化の実証実験を北海道で開始しました。IoT向け無線通信「LoRaWAN」を活用。センサーで取得した各種情報をもとに、「種まき」「水やり」といった農作業を最適化。廃棄ロスの削減など農作物の効率供給を目指すとしています。

この実証実験では、低コスト・低消費電力で広域をカバーするIoT向け無線通信「LoRaWAN」を活用。露地栽培で重要な「外気温」や「湿度」、「土中の温度」や「含水率」等をIoTセンサーで測定し、リアルタイムで可視化します。それに基づいて、最適な出荷時期の把握や、水やりなどの農作業を最適化することで、大根等の農作物の効率供給を目指すとしています。

また、従来の農業は属人的で暗黙知であったといい、知識・技術の継承に課題があったといいます。一方、IoTを使えば、農作物育成に関する知識・技術のデータ化および蓄積が可能に。これを体系化することで「後継者育成課題の解決」に貢献するとしているほか、AIを使った農業の自動化にも役立ちそうです。