リーマン・ショックがぼくのエンジニア魂を「宇宙」に向かわせた

写真拡大

HAKUTOのメンバーは、プロボノ(専門分野を生かすボランティアメンバー)も含めると約100人。大学の研究室や民間宇宙業界、それ以外の業界からもプロフェッショナルな人材を迎え入れ、月面探査レースGoogle Lunar XPRIZEに挑戦している。

なかでもプロジェクトの成否を握っている開発エンジニアたちには、ユニークなキャリアを持った人間が多い。ローバー「SORATO(ソラト)」の軽量化を担う中心的エンジニア、古友大輔もそのひとりだ。

「ぼくはもともと宇宙にはまったく興味がなかったんです。高校生の頃、ル・マン24時間レースを見て自動車が好きになり、車を改造したりして楽しんでいました。それが嵩じて自動車関連の会社に入り、エンジニアとして働くようになった。自分としては趣味が仕事となり、とても充実していました」

HAKUTOのメンバーの多くは、小さな頃からの「宇宙」への憧れを語るが、古友は少し事情が異なる。とにかく公私ともに車漬けの毎日を送っていた彼に転機が訪れるのは、2008年のリーマン・ショック。世界的な景気後退は自動車産業をも直撃する。

「ぼくは自動車の高性能車両の運動性能に関わる仕事をしていたのですが、不景気の煽りを受けた会社から内装部門への辞令がありました。ぼくからすると、エンジニアと内装の仕事はミニ四駆とシルバニアファミリーくらいの違いがある。結局、内装の仕事には就かず、辞表を出して会社を辞めました」

自動車関連の会社を退社後、古友が籍を置くことになったのは、日本でも三指に入るエンジニアリングの会社で、JAXAなど宇宙関連団体の依頼を受け、宇宙ステーション用のコンポーネントを製作していたが、そこで初めて古友は「宇宙」と出会う。古友は国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」と地球をつなぐ通信システムや、宇宙空間で行われる実験用機器など、宇宙で使用されるハードウェアの開発に携わるようになった。

「6年間、宇宙ステーション関連のシステム開発に携り、合計22個のシステムを宇宙に送り出すことになりました。それなりにやりがいのある仕事ではあったのですが」

コンサバな宇宙業界への疑問

結果として、社会人のキャリアの半分を、はからずも「宇宙」に関わることになった古友だったが、どこか消化不良に苛まれていた自分もそこにはあったという。

「自動車のときに比べると、開発をいまいち楽しめない自分がいました。というのも、宇宙ステーションを取り巻く状況は、アポロ計画の時にNASAがつくったものがそのまま継承されていて、業界全体がかなりコンサバなのです。ルールも多く何か新しいことをしようと提案しても、前例がないと却下されることが多かった。しかも、僕が関わっていたシステムは有人飛行に関するもので、人命がかかっているためさらに厳しく、チャレンジングなことができない環境だったのです」

宇宙から地上に戻ろう──。新たな好奇心が保てなくなり、エンジニアとしての生き方を再び模索しようと考えていた古友の前に、ある人物が現れる。HAKUTOの代表である袴田武史だ。現れたと言っても、直接顔を合わせたわけではない。はじめて袴田と出会ったのは、PCの画面上だった。

2012年の秋、仕事から帰宅した古友は、家族が寝静まった真夜中、ひとり夕食を摂りながらPCを眺めていた。自身のフェイスブックのアカウントを開き、トンカツを箸で口に運ぼうとしていた矢先、目に「民間、月」というキーワードが飛び込んできた。

「最初は、宗教かなと警戒しました(笑)。気になってクリックしたんです。すると、動画に登場した袴田が『自作で宇宙機をつくって、民間で月に行く』と語るのです。正直、変な人がいるなと思いましたよ。この人は、宇宙船で地球を出るだけも大変なのに、それでモノを運ぶのがどれだけ困難なことなのかわかっているのかなと。それでも民間で宇宙に行くという言葉が気になって、いてもたってもいられなくなり、フェイスブックで直接連絡をとることになったのです」

こうして2012年末から週末限定のボランティアメンバーとしてHAKUTOに参加した古友だったが、やがてその活動にのめり込んでいく。2014年末には家族に相談することもなく前述のエンジニアリングの会社を辞め、2015年からはプロジェクトにフルコミットすることになったのだ。

月までの運搬費用は1Kgで数億円

古友がHAKUTOで携わっているのは、ローバーの軽量化。一般的に、探査機など宇宙船に積む機材の積載重量が少し増えるだけで、宇宙への打ち上げ費用は大きく膨らむと言われている。しかもGoogle Lunar XPRIZEは、莫大な国家予算が投入される政府事業とは異なる民間のレースだ。

各チームが保有する資金には限りがあり、費用負担の軽減=機体重量の軽量化が必須となってくる。ただ資金的な側面を考慮するあまり、探査機能が低下しては元も子もない。資金的にも機能的にも「バランスの取れた軽量化」をいかに達成するかが、レース勝利のカギとなる。

「地球から宇宙ステーションまでの距離は約400km。東京から名古屋までくらいの距離でしょうか。その宇宙ステーションまで地上から何かモノを運ぼうとすると、1kgあたり約600万円の費用が必要です。ぼくたちがSORATOを送ろうとしている月までの距離は約38万kmで、そうなると重量1kgあたり数億円の費用がかかる」

「費用が高くなるのは、距離はもちろんですが、技術的な理由もあります。月は秒速およそ1kmという超高速度で地球の周りを回っています。月面に着陸するためには、そのスピードを計算に入れて、上手く狙ったポイントに降りていかなければなりません。宇宙ステーションにモノを送るよりはるかに難易度の高いミッションとなるので、積載する機材の運搬費用も跳ね上がるのです」

古友は、自分たちが開発するSORATOについて、「他チームのローバーと比べて、技術水準が圧倒的に高い」と自信をのぞかせている。その理由として、開発に協力するサプライヤー、ベンダー企業の技術力が高いこと、そしてメンバーが設計思想を実現するため、日々、徹底した議論と開発を続けていることを挙げる。

「軽量化を実現するためには、複合的に検討する必要があります。それは、設計、素材、製造、そしてそれらを評価する方法など多岐にわたります。ぼくたちは、最小最軽量、加えて機能も譲らないという機能実現の思想を徹底し、1グラム単位で開発を煮詰めてきました。2015年にローバーの設計を始めたときとは、熟成の度合いが段違いです」

打ち上げまで残すところ約半年。「エンジニアは欲張り。打ち上げぎりぎりまで高みを目指して攻めていきたい」と話す古友だが、すでに「HAKUTO後」も見据えている。それは、過去に経験した宇宙業界の保守的な環境にエンジニアの立場から風穴を空け、民間宇宙時代の幕開けに寄与するということだ。

「宇宙は特別という印象を覆したい」古友はそう意気込みを話す。

「ぼくが所属するispace社は、今後、宇宙空間で定期的に資源探査などを行うビジネスを目指していますが、個人的には、ユーザーが宇宙をより身近に感じられるシステムも実現したいと考えています。例えば、誰かが宇宙にカメラを持って行って撮影したいと考えていたら、それを簡単に実現できるシステムをつくりたい。いま宇宙にモノを持っていくためには、振動や熱、真空などに機材が耐えることができるかなど、煩雑な検査をいくつもこなす必要があります」

「ぼくとしては、それらのプロセスを簡単にクリアできるような開発手法も含むインフラを整えたいと考えています。もし簡単にモノを宇宙に運べるようになれば、みなさんにとっても宇宙はどんどん広がっていくはずです」

そして、エンジニアリングとは技術課題を解決するための方法を模索、実行、検証、そして実用化していくことだと古友は語る。考えてみれば、そこに自動車や宇宙船の違いはない。「宇宙」にまったく興味がなかった古友が、そこに見出したのは、新たな可能性に満ちたスケールアップされた世界だった。

古友のエンジニア魂は、無限の宇宙に向かって、羽ばたこうとしている。民間が担う宇宙の時代は、こうした熱きエンジニアたちに支えられ切り拓かれていくのだ。