フランス中部サンテニャンシュルシェールのボーバル動物園で、雌パンダ「歓歓」のエコー写真を映した動画の一場面(2017年8月1日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランス中部の動物園で1日、同国初の妊娠が確認されたジャイアントパンダが双子を妊娠していることが分かり、関係者らは二重の喜びに包まれている。出産は4〜5日になるとみられている。

 双子の妊娠が確認されたのは、サンテニャンシュルシェールにあるボーバル(Beauval)動物園で飼育されている、9歳の雌パンダ「歓歓(Huan Huan)」。2012年に同い年の雄パンダ「圓仔(Yuan Zi)」と共に中国から貸与された。
【翻訳編集】AFPBB News