斎藤司【写真:鶴見菜美子】

写真拡大 (全2枚)

 篠原涼子が主演する10月スタートの新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系列)で、トレンディエンジェルの斎藤司が主要キャストの一人として初レギュラー出演することが決定した。“斎藤さん”が連ドラにレギュラー出演するのは初で、もちろん月9に出演するのも初のこととなる。

 夫と保育園に通う子ども一人の家族3人で、アパートでごく平凡な生活を送ってきた佐藤智子(篠原涼子)。両親の失踪や高校の中退、職を転々としながらも真面目に生きてきた彼女はバイト先で知り合った夫と結婚。フリーターだった夫は転職を繰り返し、結局、智子がパートで家計を助けていた。しかし、そんな智子も会社のルールに納得がいかず、逆らって職場をクビになってしまう。「40代」、「高校中退」、「資格なし」で職が見つかるのか…。意気消沈する智子だったが、ある時ワイドショーで取り上げていた市議会議員の汚職事件が気になり調べてみることに。そこで目にしたのは市議会議員の高額報酬。“高額報酬=家族の幸せ”と、猪突猛進する智子は、市議会議員に立候補することを早くも決意する。ママさん議員になるべく“就職活動”をスタートさせた智子。キャッチコピーは「しあわせになろうね!」。最初はポスター製作や演説原稿作成など悪戦苦闘しながらも夫やママ友の協力のもと市民目線で選挙戦を戦う。

 そんな智子と市議会議員選挙を戦うのが、斎藤司演じる園田龍太郎。代々農家の園田家に生まれた龍太郎は3人兄弟の長男で、何事にも自主性がなく、すぐ人に頼る性格だ。大学に進学するも、もともと農作業が好きだったこともあり、長男として家業の農家を継ぐことになるが、毎日せっせと働いていた園田に悲劇が訪れる…。農家たちは自分たちの畑を守るために毎期、身内の中から市議会議員選挙に出馬させる習わしがある。今期、その餌食となったのが園田だった。祖父が中心になって考えた、「農家にとって有利な条例を作ること」を公約に掲げ、選挙戦に挑む。

 斎藤は今回の決定について「“まさか自分が月9とは!”という感じです!」と喜びの心境をコメント。ファンに向けては、「演技は若輩者ですが、いい意味で気にならないように演じきります!! みなさんも、わくわくしながらスーパースターのデビュー戦を見守っていてください!」と呼びかけている。新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』はフジテレビ系列にて10月スタート。