【詳細】他の写真はこちら

子供に持たせる1台目にピッタリ?

「goo」を運営するNTTレゾナントは、「gooのスマホ」の新モデルとなるスマートフォン『g06+』(グーマルロクプラス)を2017年7月31日に発売しました。「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットで販売され、価格は一括払いの場合で7800円(税別、SIMカード初期費用3000円含む)。月額380円(税抜)×24回の分割払いも可能ですが、この場合はSIMカード初期費用が別途発生するほか、「OCN モバイル ONE音声対応SIM」とのセット購入のみとなるそうです。

コンパクトで使いやすそうなスペック





2016年に発売された『g06』の後継となる今回の『g06+』。約W63.2×H126×D10.8mmサイズの小型ボディに4インチディスプレイ(800×480ドット)を採用するなど、基本的な仕様は継承しつつ、OSがAndroid 6.0からAndroid 7.0へ、メモリが1GBから2GBへ、ストレージが8GBから16GBへとそれぞれ強化されているのが特徴です。プロセッサにはクアッドコアの「MT6737M」(1.1GHz)を搭載。カメラは背面が500万画素、前面が200万画素とまずまず。バッテリーは容量1700mAhです。

低価格ながらもSIMスロットはmicroSIM×2のデュアルスロット。前モデル『g06』と同様にLTEに対応し、Band 1(2100MHz)、Band 3(1800MHz)、Band 19(800MHz)が利用可能です。3G(W-CDMA)ではBand 1(2100MHz)とBand 6(800MHz)をカバー。NTTドコモのFOMAプラスエリアとなるBand 6に対応するので、山間部などでも粘り強く電波を受信してくれるはずです。

スペック的にはミドル〜ローといったところですが、今となってはこのサイズのスマホってだいぶ貴重な存在ですよね。サイズ的には同じく4インチディスプレイ採用の『iPhone SE』をちょっと分厚くしたイメージ。重量129gと軽めで、子供や女性など手が小さい方でもラクラクホールドできそうです。なお、Wi-Fi、Bluetooth、USBと、3方式のテザリングに対応するため、データ専用SIMと組み合わせて、テザリング用端末として使うのもありかもしれません。



そのほか本体背面のカラバリが6色と豊富なのもポイントと言えるでしょう。着脱可能な色付き背面カバーが2種付属し、1枚は標準のgooRed(グーレッド)固定ですが、もう1枚をイエロー、ライトブルー、ブラック、ピンク、インディゴの5色から選べる仕組みです。

安心のペアレンタルコントロール機能をプリイン





低価格端末ということもあってか、『g06+』では子供に持たせることが想定されています。別途申し込みが必要となるものの、ペアレンタルコントロール機能を備えたプリインストールアプリ「マイセキュア」を利用すれば、使用できるアプリを制限したり、不適切なWebサイトへのアクセスをブロックしたりすることが可能です。この機能を使えば安心して自分の子供に買い与えられますね。

ちなみに、gooでは『g06+』の発売を記念し、『g06+』購入者の先着906名に1000ポイント分のgooポイントをプレゼントするキャンペーンを実施中。また、「gooメール」をすでに利用しているか、新規申し込みをしたユーザーはプレゼントされるポイントが1500ポイントに増加するとのこと。キャンペーンの実施期間は2017年9月20日の9時59分までとなります。

文/塚本直樹

関連サイト



プレスリリース

『g06+』製品情報ページ

『g06+』発売記念キャンペーンサイト