FOXニュースのスタジオが入っている米ニューヨークのニューズ・コーポレーションのビルの前で撮影するリポーター(2017年5月18日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米FOXニュース(Fox News)がドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の政策の推進と昨年の米大統領選期間中のロシアとの共謀疑惑の鎮静化を狙い、同大統領の支持者およびホワイトハウス(White House)と結託して捏造(ねつぞう)した「偽ニュース」によって名誉を傷つけられたとして、FOXニュースに情報を提供していた男性が1日、米ニューヨーク(New York)マンハッタン(Manhattan)の連邦地裁に提訴した。

 提訴したのはFOXニュースの情報提供者で元刑事のロッド・ホイーラー(Rod Wheeler)氏。FOXニュースとそのジャーナリスト1人、別の情報提供者1人を相手取って訴えを起こした。

 訴えによると、被告らは今年5月16日付の記事で、昨年の大統領選挙中に民主党全国委員会(DNC)の電子メールが流出したのは殺害された同委員会の1職員によるもので、米情報当局が主張するロシアのハッカーによるものではないという見解を広めようとしたという。この見解を補強するため、記事にはホイーラー氏が実際には話していない証言が引用されていたとしている。FOXニュースは5月23日に同記事を取り下げた。

 さらに訴状は被告の一人、FOXニュースへの情報提供者でトランプ氏を支持している資産家のエド・バトウスキー(Ed Butowsky)氏の発言を引用し、トランプ大統領は公表前の同記事に目を通して「すぐに」記事を掲載するよう指示したと主張している。ホイーラー氏が異議を唱えたところ、バトウスキー氏は「大統領が望んでいることだ」と述べたという。

 これに対し、ホワイトハウスのサラ・サンダース(Sarah Sanders)報道官は、トランプ大統領は記事について「何も知らなかった」と反論し、「大統領やホワイトハウスがこの記事に関わったという主張は完全な誤りです。さらに本件は係属中の訴訟であり、当事者に聞いてください」と述べた。

 FOXニュースも「ロシア共謀問題の報道から注意をそらそうとして」その記事を掲載したという主張は「完全に誤っている」と非難した。同局のジェイ・ウォレス(Jay Wallace)報道部長は「この記事を取り下げたことについて現在内部調査を行っている。ロッド・ホイーラー氏の証言の引用が誤っていたことを裏付ける証拠は何もない」と語っている。

 訴状は、この記事の件についてバトウスキー氏は当時大統領報道官だったショーン・スパイサー(Sean Spicer)氏とスティーブ・バノン(Steve Bannon)首席戦略官・上級顧問にも知らせていたとしている。

 ホイーラー氏は、記事によって「一般の人々からの信頼をすべて失い」、「自身の世評と経歴に回復不可能な傷をつけられ」て名誉を棄損(きそん)されたとして提訴した。

 DNCの職員だったセス・リッチ(Seth Rich)氏(27)は2016年7月10日、銃撃されて死亡した。警察は同氏が強盗未遂事件に巻き込まれて殺害されたとしている。
【翻訳編集】AFPBB News