「すた丼」×仙台牛タン!夏のさっぱり味“牛タン×厚切り豚バラ肉”合い盛り丼が登場

写真拡大

丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」は、2017年6月に期間限定で販売した「北海道すた丼〜濃厚バター醤油味〜」が好評を得たことを受け、“ご当地”すた丼をシリーズ化。その“ご当地”すた丼第二弾として、2017年8月1日(火)より『仙台牛タン塩すた丼』980円(税込/とろろ付)が全国で販売されます。

【ギャラリー】この記事の画像をもっと見る

「仙台牛タン塩すた丼」は、仙台名物の牛タンを“すた丼屋流”にアレンジし、ニンニクと黒胡椒のパンチが効いた当店特製の塩ダレを絡めて焼き上げた牛タンと、ジューシーで柔らかな厚切りの豚バラ肉を茶碗約3杯分の大盛りご飯に合い盛りした丼です。

牛タンと豚バラ肉、異色のコンビネーションですが、2つの異なる風味と食感で、同店のこだわりである“大盛りご飯”も最後まで飽きずに食べられるよう工夫されているとのこと。また、丼ぶりと共に提供するとろろで、パンチのある味付けにまろやかさをプラスすることもでき、好みに応じて味の変化を楽しめる一品に仕上がっています。

【“ご当地”すた丼第二弾『仙台牛タン塩すた丼』商品概要】

■価格 :とろろ付 980円(税込)
■発売日 :2017年8月1日(火)
■販売店舗:全国の「伝説のすた丼屋」および「名物すた丼の店」

※下記店舗では販売しておりません。
中野新橋店、ドン・キホーテ浅草店、み〜さんの店、談合坂SA(下り線)店、ヨドバシ梅田店

【「伝説のすた丼屋」概要】

“すた丼”とは、低温で油通しし余分な脂を溶かし落としつつ旨味を閉じ込めたジューシーで柔らかな豚バラ肉に“秘伝のニンニク醤油ダレ”を絡めて、高火力と中華鍋を操る職人技で一気に炒め上げ、並盛でも茶碗約3杯分もの大盛りご飯の上に盛ったスタミナとボリューム満点の丼ぶりです。