画像提供:マイナビニュース

写真拡大

LIXILは8月1日、「我が家のお風呂事情」についての調査結果を発表。子どものいる男性416名を対象に行ったもので、「お風呂場にあるバスグッズの中で使ってはいけないものがあるか」尋ねたところ、56.0%の人が「はい」と答えた。最も多かったのは「バスタオル」(45.1%)だった。

バスタオルのほかにも、「シャンプー・コンディショナー」(41.2%)、「ボディタオル・スポンジ」(36.1%)、「ボディソープ・石鹸」(27.9%)が挙げられていて、同社は「お風呂場のお父さんは『使用禁止グッズ』に囲まれていることがわかりました」とコメントしている。

またお風呂に入る順番について、41.8%のお父さんは「最後に入る」と回答。「2番目に入るお父さん」(19.7%)と合わせて6割以上の人が"一番風呂ではない"ことがわかった。お風呂は最後に入ると答えた人の理由の中には「お風呂を洗うのが自分だから」という理由も少なくなく、また「汚いと思われているから」「オヤジ臭いので」という理由も見られた。