小林恵美

写真拡大

1日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、グラビアアイドル小林恵美が、危険視するファンからのプレゼントを明かした。

番組では、ぬいぐるみ向けの「病院」や「カフェ」といったサービスが人気を博しているというニュースを取り上げ、出演者がトークを交わしていた。

意見を求められた小林は「昔はすごい好きだった」と前置きしつつ、「女性アイドルにとって、結構ぬいぐるみって危険物」と明かしたのだ。ファンから贈られるぬいぐるみの中に、盗聴器が仕掛けられているケースがあるのだとか。

小林は続けて、「(ぬいぐるみは手で)1回潰して中を確かめる」ように言われていたとも告白して、共演者を驚かせていた。

【関連記事】
「ミヤネ屋」が番組企画で愛知県北警察署内に仕込まれた盗聴器を発見する
村本大輔が50代女性の生き霊に苦悩…ぬいぐるみに盗聴器を仕掛けられたとも
ほっしゃん。プレゼントのぬいぐるみに入っていた「盗聴器より怖い」モノを明かす