第4シードのシュアン/加藤は全米ジュニア準優勝ペアに敗れて初戦突破ならず [バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック]

写真拡大

「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック」(WTAプレミア/アメリカ・カリフォルニア州スタンフォード/7月31日〜8月6日/賞金総額77万6000ドル/ハードコート)のダブルス1回戦で、第4シードのシュアン・シージュン(台湾)/加藤未唯(佐川印刷)はケイラ・デイ/キャロライン・ドルハイド(ともにアメリカ)に5-7 3-6で敗れた。試合時間は1時間16分。

 シュアンと加藤は今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。デイとドルハイドの10代コンビは、昨年の全米オープン・ジュニア(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で準優勝を果たしていた。

 シングルスの予選に第5シードで出場していた加藤は、1回戦でダニエレ・ラオ(アメリカ)に1-6 2-6で敗れていた。

 デイ/ドルハイドは準々決勝で、ジャクリーン・カコ(アメリカ)/ニコラ・ゲウアー(ドイツ)とヨバナ・ヤセッチ(セルビア)/ナタリア・ビクトリアンセワ(ロシア)の勝者と対戦する。ふたりはシングルスにも出場しており、前日にデイが土居美咲(ミキハウス)を6-4 6-2で、この日はドルハイドが大坂なおみ(日清食品)を6-4 6-2で破り、ともに初戦突破を果たしている。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「バンク・オブ・ザ・ウェスト・クラシック 」(アメリカ・スタンフォード)のダブルス1回戦で敗れた加藤未唯(全豪オープンでのもの)