加藤綾子、「胸の渓谷の汗の匂い」談義で、アンダーウエアの洗濯頻度を激白!

写真拡大

 明石家さんまがMCを務め、加藤綾子がアシスタントを務める「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)。7月26日の放送回のテーマは夏の汗とニオイ。「汗臭さに良い食べ物は紅鮭とリンゴ酢」「乾いたタオルで汗をふくのはNG、湿ったタオルでふくと熱中症対策になる」といった興味深い情報が紹介される中で、マーケティング評論家の牛窪恵氏が披露したのが「女性は胸の渓谷のバスト臭に要注意」との知識。すかさずゲストの森三中・大島美幸が「私、バストに汗をかきます」と反応。MCの明石家さんまが爆笑し「ニオイは?」と聞くと、大島は少し考えて「甘いかな?」。

 そして牛窪氏が、脇汗と違って胸は人前でふけずニオイの原因菌が繁殖しやすく、特に胸の先の周りにはアポクリン腺が多いと解説した次の瞬間。何を興奮したのか、さんまが加藤に、

「だから胸突き出してる〜」

 と、少々謎のツッコミ。黄色いノースリーブの服を来たカトパンは口に手を当てながら「出してないですよ〜」と笑いながら否定したのだった。

 話がバスト臭対策に移ると牛窪氏は、ブラを清潔にして毎日洗うことを勧め、1週間以上洗わないという女性は1割という統計が紹介されると、大島が「毎日だと、ブラがなくなっちゃう」と言うと、カトパンも「週1? もうちょっと洗ってますかね。2〜3日に1回……」と言って「でも毎日だと追いつかなくないですか?」と疑問を呈した。洗いすぎるとボロボロになるという指摘にも「そうそうそう」と同意したのである。

「牛窪氏の話の流れに照らせば、Eカップの胸のカトパンは、かなりバスト臭が渓谷たまりそうなタイプ。ただ、牛窪氏はバスト臭、特に母乳の香りは男性を惹きつける効果があり、その香りはバニラに近いので、男性を誘惑したい女性は、バスト臭をごまかす意味でも、バニラエッセンスやベビーパウダーなどをつけるといいと言ってました。男性視聴者からすれば、つい汗だくの胸の渓谷に、何かを塗っているカトパンの姿を想像してしまいますよ」(放送作家)

 さんまも、「バニラ塗られたら、オレ、イチコロだよ」。

 と、おどけていたが、その相手としては目の前のカトパンを想定していることはほぼ間違いなさそうだ。