「イントゥ・アニメーション7」

2017年8月4日(金)から4日間にわたり、国立新美術館にて、「イントゥ・アニメーション7」が開催される。日本アニメーション協会(JAA)に所属する作家のアニメーション作品の上映イベントで、70作品以上が登場。アカデミックな大人向け作品から、子ども向けのものまで、さまざまなジャンルの短編アニメーションを鑑賞できる。

日本アニメーション協会(JAA)には、20代から80代まで160名以上のアニメーションクリエイター / 研究者 / 教育者などが所属している。本イベントでは、そのバラエティ豊かな会員たちによる「おなじみの作品」「作りおろしのアニメーション」「とっておきのお蔵出しアニメーション」を一挙上映。会員には何人もの会員がスタッフとして常駐しているため、作品の感想を伝えたり、研究者の会員にアニメーションについて質問したりもできる。さらに、メインとなるプログラム上映の裏の時間帯に、「裏イントゥ」と題した催しも実施。トーク系のイベントや持ち込み上映会など、さまざまな企画が実験的に展開される。

上映プログラムの詳細は、イベントの特設Webサイトでの確認が可能(http://www.jaa.gr.jp/into7/)。開催時間は8月4日(金)と8月5日(土)が10:15〜20:40、8月6日(日)が10:15〜17:50、8月7日(月)が10:15〜15:45で、入場無料で楽しめる。

■期間:
2017年8月4日(金)〜8月7日(月)

■開催場所:
国立新美術館 3F 講堂 / 研修室
東京都港区六本木7-22-2

■問い合わせ先:
日本アニメーション協会(JAA)
url. http://www.jaa.gr.jp/into7/