イスラエル・テルアビブ近郊のラマトガン動物園で、赤ちゃんに授乳するフクロテナガザルのジャンビ(2017年8月1日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イスラエル・テルアビブ(Tel Avi)近郊のラマトガン動物園(Ramat Gan Zoo)で1日、雌のフクロテナガザルが赤ちゃんを連れて歩いたり、お乳を飲ませたりする姿が見られた。

 10歳になる「ジャンビ(Jambi)」は2週間ほど前に出産していたとされるが、親子が深い茂みの中にいたことや、母親の体毛に覆われて赤ちゃんの姿が見えなかったことなどから、飼育員らはしばらく赤ちゃんに気付かなかった。
【翻訳編集】AFPBB News