Photo by PHOTO AC(写真はイメージです)

写真拡大

 今月29日、歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が長野県の志賀高原で行われた植樹プロジェクト『ABMORI 2017』に参加し、乳がん患者を救うための基金を設立することを明らかにした。

 この基金は、先月22日に死去した妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)の意思を受け継いだもので、乳がんで苦しむ人やその家族に希望を届け、早期発見の啓蒙活動にも役立てたいということのようだ。

 また海老蔵は「彼女(麻央)自身は、自分が元気になったら同じような病気と闘っている人の力になりたいという思いがあった。そういうものが麻央の思いとしてできればいいな」とコメントしており、麻央さんの思いを引き継いでいく自らの意思についても語っている。

「今回は、長女の麗禾ちゃん(6)と長男の勸玄君(4)も参加していました。海老蔵もコメントで『まだまだ寂しさを拭いきれていない』と、麻央さんを恋しがる子どもたちの様子も語っていましたが、勸玄君が役者として『七月大歌舞伎』に出演し、親子での宙乗りに挑戦するなどして明るい話題を呼びました。麻央さんの月命日を先日終えたばかりですが、家族三人でまだまだ乗り越えなければならないことはたくさんあるでしょうね」(芸能記者)

■海老蔵親子を陰ながら支えるあの歌舞伎俳優

 そうした中で、海老蔵親子を支える存在として姉である小林麻耶(38)が奮闘している。麻耶は麻央が療養中のころから、子どもたちの面倒をみており、母親代わりの役割をこなしてきた親子を支えるキーパーソンだ。そしてもう一人、海老蔵を支える存在としてあげられるのが、同じく歌舞伎俳優の中村獅童(44)である。

「もともと獅童と海老蔵は幼少のころからの知り合いで、海老蔵のブログにも頻繁に登場しています。麻央さんが昨年乳がんを公表した時も、獅童は『協力できることがあれば、全面的に協力したい。仲間ですから』とコメントしています。表立ってあまり報道されることはありませんが、獅童は海老蔵親子を陰ながら支える存在の一人なのです」(前出・芸能記者)

 獅童は5月に肺腺がんのため入院と治療を行っていたが、7月28日に都内で会見を行い、11月巡業の『松竹大歌舞伎』で復帰することを明らかにした。体調は順調に回復しており、現在は7、8割まで戻っているようだが、実は獅童のトレーニングや復帰時期については、海老蔵がアドバイスをして陰ながらサポートに回っていたようだ。

 海老蔵も獅童ががんを公表時、ブログで「かなしかった。最初に聞いたとき、じぶんのことのように」と綴っており、今回の復帰について「アイツ、よかったね」「彼の未来は明るい」ともコメントして喜びの言葉を寄せている。

「二人とも若い頃は、それぞれに週刊誌にスキャンダル記事が載るなどヤンチャな時期がありました。そうした時期を経て、現在ではしっかりと歌舞伎役者として第一線で活躍しています。さらに歌舞伎界を支える存在として、若手の育成にもお互い力を入れているようです。似たような境遇にお互いあるからこそ、高めあえる関係にあるのかもしれませんね」(前同)

 共にエールを送り、そして支え合う関係が自然と構築されている海老蔵と獅童。麻央さんも天国で二人が励まし合う姿を微笑ましくみているかもしれない。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。