勝利したラツィオ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間8月1日にラツィオはオーストリア3部のFCクーフシュタインと対戦。今夏の移籍市場でセリエBのテルナーナ・カルチョから加入したシモーネ・パッロンビのハットトリックなどでゴールを積み重ね、13-1という記録的スコアで勝利をおさめている。

 試合開始して5分にパトリックがゴールを決めて先制すると、続く8分にはケイタが直接FKから追加点。直後の10分にもシモーネ・パロンビがゴールを決めて3点差とする。その後、1点を返された後も攻撃の手は緩めず、最終的には13-1という大差での勝利となった。

 オーストリア3部には日本代表MF本田圭佑が実質的なオーナーを務めるSVホルンも所属。(リーグは西や東などに分かれている)ラツィオは現地時間8月13日にイタリアスーパー杯でユベントスと対戦する予定だ。

text by 編集部