中国が初めて自主研究開発した殲六3型航空機の作業現場は山奥の洞窟の中にある。

写真拡大

中国が初めて自主研究開発した殲六3型航空機の作業現場は山奥の洞窟の中にある。中国のSNS、WeChatのCCTV財経ネットの公式アカウントが7月31日付けで伝えた。

【その他の写真】

60年間近く、山奥で密かに建設、運営されてきたこの作業現場が初めて人々に公開された。この区域を管理する企業は「貴飛集団」と呼ばれる企業だ。航空機の作業現場をこのような洞窟に設置することそれ自体が一つの快挙といえるが、当時ここで働き、戦闘機の開発に携わった労働者たちも現在の人々を驚かせる団体だ。当時の労働者たちは航空機の製造技術を十分にマスターしていなかったため、中国人はこのような独特なやり方で自分なりの航空産業の成長の道を歩み始めた。

1970年9月18日、中国が自主研究開発した初めての殲六3型航空機がここから離陸した。「中国の末端の技術水準では戦闘機を作り出せない」という言説はそれにより覆され、想像した以上に高い工業研究開発能力を擁しているというイメージを当時の国際社会に伝えた。かつての工業設備は依然としてここに置かれており、国家製造業の記憶として永久に密封して保存されている。中国の現代の航空産業の技術レベルはすでに世界の最高水準に達している。中国が自主研究開発したJL-9型航空機は飛行高度が1万6000メートルに、最高速度はマッハ1.5に達することができる。航空機全体に世界最先端の航空用デバイスが備え付けられ、翼の下にはミサイル、航空機関砲なども搭載されている。

山奥の洞窟での模索から、現在の海外向け販売にかけて、中国人は2世代にわたって航空産業に身を投じた。現在、中国がデザインした飛行機は、独特のデザインを持ち始めた。新しく開発されたJL-9型の「山鷹教練機」は傾斜式のエアインテークを採用し、高く隆起した胴体上部が立体感に満ちている。独特な形は、中国の航空産業がすでに飛行機の各種自主研究開発技術を十分にマスターしたことを示している。(提供/環球網・編集/黄テイ)