テニス、ウィンブルドン選手権、男子シングルス決勝。試合後の会見に臨むロジャー・フェデラー(2017年7月6日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニス、世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が1日、カナダ・モントリオール(Montreal)で来週行われるロジャーズ・カップ(Rogers Cup 2017)に出場することを発表した。

 モントリオール開催の同大会にフェデラーが出場するのは2011年以来のことで、今月28日に開幕する全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2017)へ向けた前哨戦の初戦となる。

 モントリオールとトロント(Toronto)の2都市で1年ごと交互に開催される同大会への出場が決まったフェデラーは、「モントリオールに帰って来られてうれしい。何年もプレーする機会がなかったからね」とすると、「2017年シーズンはここまで非常にエキサイティングなものになっている。コートに戻って来るのをとても楽しみにしている」と語った。

 フェデラーは今季、全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2017)で自身5度目の栄冠に輝くと、先月のウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)では8度目の優勝を果たすとともに、四大大会(グランドスラム)の優勝回数を19に伸ばした。

 今シーズンは他にも、BNPパリバ・オープン(BNP Paribas Open 2017)やマイアミ・オープン(Miami Open 2017)、そしてゲリー・ウェバー・オープン(Gerry Weber Open 2017)でもタイトルを獲得している。

 大会期間中に36歳の誕生日を迎えることになったフェデラーは、トロントで開催された同大会を2004年と2006年の2度にわたり制しており、今年はモントリオールで初の優勝を目指す。
【翻訳編集】AFPBB News