渋谷駅街区(宮益坂交差点方面より望む)

写真拡大

 東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄が8月1日、「渋谷駅街区開発計画」において渋谷駅東口エリアに建設する施設名称を「渋谷スクランブルスクエア(SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE) 」に決定した事を発表した。

 「渋谷スクランブルスクエア」は、渋谷のスクランブル交差点に面する新たな「SQUARE(街区/広場)」として、渋谷の中心からムーブメントを発信し、新たな文化を生み出すステージにしたいという想いを込めて命名したという。
 2019年度に開業予定の第鬼(東棟)は、渋谷エリア最高となる高さ約230メートルで、地下7階から地上47階建て。高層部にはオフィス、中低層部には大規模商業施設を展開する。オフィスは、総賃貸面積約7万3,000平方メートルのハイグレードオフィスで、基準階は最大約2,876平方メートル。商業フロアは売場面積約3万平方メートルで、地上2階から地上14階の都市型商業施設となる。2027年度に完成予定の中央棟と西棟を合わせると、合計で約7万平方メートルとなる計画。この他、最上部には屋外展望施設、中層部には産業交流施設を設置する予定。 同施設は、3社が共同出資する「渋谷スクランブルスクエア株式会社」が運営をする。