川島海荷、声フェチを告白!“ジャッキーちゃん”の声をいい声

写真拡大

 『ZIP!』(日本テレビ)の司会を担当している川島海荷が1日、深夜番組の『ウチのガヤがすみません』に登場。声フェチを告白した。

 川島は「しぶい声の人が好きで惹かれちゃう」とし、理想は福山雅治をコメント。理由は声に「深みがある」と話した。番組内では、そんな川島のために50名のガヤ芸人で「ガヤ芸人良い声選手権」が開催。デート中の会話で川島がグッときた声を選んだ。結果、1番に選ばれたのは、ジャッキー・チェンのものまねのジャッキーちゃん。本人を目にした川島は「清潔感もあるし素敵」とコメントした。

 ちなみに、自身は高校生クイズをテーマにしたアニメ『ナナマル サンバツ』で深見真理の声で出演している。