「最上の命医2017」に出演する大塚寧々(C)テレビ東京

写真拡大

 俳優・斎藤工(35)が主演するテレビ東京系スペシャルドラマ「最上の命医 2017」(23日、後9・00)に、大塚寧々(49)と志田未来(24)が出演することが2日、分かった。2人とも同ドラマシリーズには初出演となる。

 大塚は、斎藤演じる主人公、小児外科医の西條命が緊急対応した妊娠高血圧症の女子中学生・萌絵(桃果)のシングルマザー・萩尾一路役。志田は、西條の恩師で草刈正雄が演じる小児外科医・手塚義富の娘で、視覚障害を持つ手塚里香役を演じる。

 女学園の教頭で、厳格に育てた1人娘が妊娠してしまうという役柄に、大塚は「激動な感じなので、演じていて感情が本当に揺さぶられました」と役に入りきった熱演をアピール。娘役の桃果とは初共演だが「本当にかわいくて。こんな娘がいたらいいな、と思います」と話していた。

 また、視覚障害のある女性を演じた志田は「台本を読んで視覚障害がありながらも、すごく前向きで明るくて、それでいて自立した女性だと思い、あまりしおらしくならないように意識して演じた」と話す。役作りのため、「実際に目が見えない女性の方にお会いして、杖(つえ)の使い方や、普段はどんな生活をしているのか見させていただき、お話を聞かせていただいた」という。

 撮影では「普段はほかの俳優さんと目を見てセリフの言い合い、掛け合いができるのに、それができない不思議な、今までにない感じが難しいなと思いました」と振り返った。

 ほかに同シリーズではおなじみのキャスト、比嘉愛未(31)、泉谷しげる(69)らが出演する。