実は脈アリ?男性の言う「妹みたいな存在」その真意とは

写真拡大



こんにちは、コラムニストの愛子です!


年上の男性に恋をしたとき、「妹みたいな存在」と言われて脈ナシなのかなと落ち込んだことはありませんか?


でも「妹くらい年下の女の子に手を出しちゃいけない」と思って、「妹だ」と自分を言い聞かせている男性も多いそう。実は脈アリっていうパターンもあるのです。


そこで今回は、「妹みたい」と言いつつも、男性が本当は気になっている女の子にしかしないことをご紹介します。

■1.相談に乗りたがる

「妹みたいって思っていても、女性として気になっていなかったら、わざわざ自分から相談に乗ろうとは思わない。もちろん、年下の子に相談されたらちゃんと聞くけど男が自分から相談に乗りたがるようなら、たぶん脈アリだよ」(29歳/不動産)



友人や家族など、大切な人の力になりたいと思うのは当然のこと。でも異性として気になっている人に対しては、その気持ちが倍増するはず。


こちらからは相談を持ち掛けていないのに、相手の男性から心配して声を掛けてくれるようなら、脈アリだと思ってもいいのではないでしょうか。

■2.誘いを断らない

「妹みたいに大事に思っている子からの誘いでも、眠ければ断る。でも気になっている女の子の誘いなら、大事な用が無い限りは断らない。だからもし、いつ誘っても会ってくれるようなら『妹みたい』っていうのは建前で、本当は女の子として意識されていると思うな」(26歳/音楽)


相手の男性にも色んな事情があるはず。眠いときや忙しいときに誘われれば、断りたくなることもあるでしょう。本当に妹みたいだと思っているなら、尚更断りやすいのではないでしょうか。


それなのにいつ誘っても会ってくれるということは、断るのが惜しいと思われている証。彼はあなたのことを、女性として気にしているのかも!

■3.露出を増やすとボディタッチが減る

「完全に女性として意識していなかったら、露出してようと何とも思わない。いつもは気軽に肩を組んだりしてくるのに、肌見せするとしてこないってことは、女性として意識している証拠だと思うよ」(28歳/貿易)



一般的に、露出を増やすことで、女性として意識されやすくなりますよね。
それでもいつもと変わらず、気軽にボディタッチをしてくるようなら、全く女性として見てもらえていないのかも。


でももし、いつもよりよそよそしくなったり、あまり触れて来なくなったりするようなら、少なくとも女性として意識されているのかも。


ではないでしょうか。妹みたいな存在のはずのあなたに女っぽさを感じているからこそ、罪悪感を覚え気軽に肩を組んだりできなくなってしまうのだと思います。頑張れば叶う恋なのかもしれませんよ。

■4.気持ちに気付いているのにふたりきりで会ってくれる

「本気で妹みたいだと思っていたら、もしその子が自分を好きだってわかったら距離を置くよ。思わせぶりな態度をとって傷つけたくないからね。だからもし、好きって気持ちに気付いているのにふたりきりで会ってくれるなら、脈アリだと思う」(29歳/福祉)



これが1番分かりやすいサインかもしれません。勇気がいるとは思いますが、1度はフラれる覚悟で告白してみるのもいいと思います。


いつものように「妹みたいな存在だから」とかわされたとしても、そのあともふたりきりで会ってくれるようなら、押せば付き合える可能性も高いでしょう。

■おわりに

「妹みたい」と言われたからって、まだ諦めるのは早いです。今回ご紹介した内容に、気になる彼の態度が当てはまっているようなら、あと一押しなのでは? 


めげずに頑張って、ぜひ彼のハートをつかんでくださいね。(愛子/ライター)


(ハウコレ編集部)