第1回「古今中国・東アフリカ協力国際フォーラム」が、28日よりケニアのラム島の東側に位置するマンダ島で開幕した

写真拡大

第1回「古今中国・東アフリカ協力国際フォーラム」が、28日よりケニアのラム島の東側に位置するマンダ島で開幕した。新華網が伝えた。

【その他の写真】

中国や米国、ケニアの専門家で結成された連合考古学チームは、マンダ島で中国の血筋と見られる3体の人骨を発見。そのうち1体は、大航海で知られる明代の鄭和が第1次航海をした時代に生きていた人物の可能性があると見られる。(提供/人民網日本語版・編集TK)