(写真提供=FA photos)Kリーグの試合会場

写真拡大

盛り上がるJリーグと、ますます失墜するKリーグ。日韓プロサッカーの対照的な状況がいつにも増して如実に現われている。

Jリーグの話題はここで詳しく説明する必要もないだろう。

「DAZN」と交わした大型中継権、ACLでの躍進と韓国のサッカーファンたちが羨ましがることばかりが続くだけではなく、先週末はヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキが鮮烈デビュー。その活躍は韓国メディアでも報じられた(サガン鳥栖のチョ・ドンゴン、ガンバ大阪のファン・ウィジョの活躍も、もちろん報じらた)。

Kオールスターはベトナムに敗戦

盛り上がるJリーグとは対照的に、Kリーグは散々だ。

先週末はリーグ戦を中断してオールスターを開催。それもはるばるハノイまで飛んで、東南アジア競技大会(SEA)に出場するU-22選手中心のベトナム代表と対戦したが、0-1で敗れてしまった。

「祝祭ではない屈辱で終わったKリーグ・オールスター」(『Newsis』)、「ハノイで恥、Kリーグ・オールスター衝撃敗」(『聯合ニュース』)と韓国メディアもあきれ気味だ。

そんな韓国メディアをウォッチしているなかで、こんな記事も見つけた。

「Jリーグ長崎、“観客数水増し”摘発で懲戒危機」

スポーツ新聞『スポーツ・ソウル』の記事で、記事では2010年に発覚した大宮アルディージャの観客水増し疑惑にも触れながら、「日本でまたもや“観客水増し”事件が起きた」としていたが、韓国が言えた立場ではないというのが正直な感想だ。

というのも、ほんの数年前までは韓国Kリーグでも観客数の水増しがあったからだ。

ひとつやふたつではない。ほぼすべてのクラブが“水増し”していたといってもいいかもしれない。

筆者は1997年からKリーグを取材しているが、当時は試合記録紙の観客数欄が「1万2000人」、「9800人」となぜかどの会場も切りの良い数字だったし、記者席に座っていると、クラブ関係者がスタンド全体を見渡しながら、「今日は1万人としよう」という場面に出くわしたこともある。

当時はプロ野球とKリーグの観客数比較が頻繁に行われていたこともあって(今もだが)、プロ野球の観客動員数を意識した“水増し”もあったほどだった。

そうした悪習が断ち切られたのは、2012年からだ。

それまでは集計も申告も各クラブ任せで、多くのクラブがバラまいた無料招待券(これが水増しの温床になっていた部分もある)なども含めて「入場観客数」としていたが、2012年から実際にスタジアムに入場した人数のみを集計して発表するようになった。

正確な数字を把握するために、チケット発券業者が集計結果を発表するようになり、集計が正確になされているかを確認するために、Kリーグが各試合会場にマッチ・コーディネイターを派遣するようにもなった。

この結果、2012年のKリーグ観客動員数は、計352試合で241万9143人(1試合平均7157人)に。

前年度は283試合だったにもかかわらず、計303万586人(1試合平均1万2709人)だったことを考えると、 “水増し”がどれだけ横行していたかがよくわかるだろう。

そういった悪習を断ち切ったことは評価できるが、Kリーグが深刻なのはその観客数がまったく伸びないことだ。

7月27日にKリーグは、今季クラシック(1部リーグ)のクラブ別有料入場者数(今季の22節まで集計)を発表しているが、平均1万人を突破しているのはFCソウル、全北現代、浦項スティーラーズの3クラブのみ。

あとは8000人以下で、クラシック最下位の江原FCの1試合平均は2022人にしかならない。

しかも、平均観客数がすべて「有料入場者」とも限らない。

Kリーグの観客数の少なさは以前から指摘され有名だ。

最近は人気低迷の原因として、スタ―選手たちの相次ぐ海外進出、それもこの夏に増加したJリーグ進出も関係しているといわれているいるが、原因はそれだけではないだろう。

とりわけ市民クラブの低迷ぶりは深刻である。

Kリーグでは平均観客数とともに、「有料観客数」と「有料比率」も併せて発表しているが、6位の仁川ユナイテッド(6449人)の有料比率は52.5%(3385人が有料)、最下位の江原FC(2022人)に至っては1335人(66%)だけが有料入場者だったというのだ。

ここまで少ないと「本当にプロリーグなのか」と思えてくるほどでもある。

Kリーグの深刻な不人気ぶりを示しているのはいうまでもないだろう。
(参考記事:Kリーグが企業からも地方自治体からも愛されていない理由

人気も話題性も観客動員数でも、Jリーグにどんどん突き放されていくKリーグ。かなり深刻なように映るのは、私だけはないような気がする。

(文=慎 武宏)