[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

大手出版社の契約解消で自費出版

 「ニューヨーク・タイムズ、ヒラリー(クリントン元国務長官)、共和党保守本流――。奴らは一般大衆の敵だ」。

 今米国の若者たちの間で圧倒的な人気を博している英国籍の扇動者、ミロ・イアノポウロス氏(32)の本がついに出た。一種の自叙伝だ。

 同氏は、英国ケント市から米国に渡り住み、保守系オンライン・メディア「ブライトバート」編集長を歴任。既成の保守主義にとって代わる「オルト・ライト」(オルタナ右翼)の正当性を発信し続けるミレニアム世代の鬼才だ。

 本書は、本当なら今年3月に出るはずだった。

 ところが契約(25万ドル=約2800万円)を結んでいた大手出版社サイモン・シュースターが急遽、契約を解消してしまった。人権団体などからの圧力に尻込みしたとされている。

 理由は、イアノポウロス氏がこれまで発信してきた白人優越主義、人種差別、女性蔑視、そしてロリコン(ロリータ・コンプレックス=少女に対する性的嗜好)常習者擁護・・・に対する激しい反発だった。大手出版社がなぜ、そんな人物の本を出すのか、という抗議だった。

 そしてイアノポウロス氏は7月、自費出版に踏み切った。

 アマゾン・ドット・コムが本書を扱ったところ、印刷本、eブックともにかなりの売れ行きだという。発売と同時にニューヨーク・タイムズはじめ主要メディアが書評を掲載、ベストセラー・リストの上位につけている。

ツィッターは反社会的理由で永久追放

Dangerous(デンジャラス) by Milo Yiannopoulos Dangerious Books, 2017


 イアノポウロス氏、32歳。英ケント市生まれ。マンチェスター大学を経てオックスフォード大学に進むが中退している。

 英テレグラフ紙のテクノロジー担当記者を経て2011年、友人とともにオンライン・メディア「ザ・カーネル」を立ち上げた。

 イアノポウロス氏が最初に手がけた特ダネは、2014年起こった「ゲーマーゲート」*1騒動だった。

*1=女性向けゲーム開発者の女性にフラれた元カレが腹いせにプライベートな画像を流出、ネットやゲーム業界における人間模様が浮き彫りにした事件として欧米で大きく報じられた。

 その後、活動拠点を米国に移し、2015年には「ブライトバート」に入社。歯に衣を着せぬリベラル批判は一躍注目を集めた。

 「トランプ旋風」が米国全土を吹き荒れる中で、イアノポウロス氏の「反エスタブリッシュメント」(反体制、反既得権層)キャンペーンは若者を中心に一般大衆層に徐々に浸透していった。

 「エスタブリッシュメントとは、何もウォールストリートの大企業や銀行だけではない。ニューヨーク・タイムズをはじめとする主流メディアもリベラル派エリートたちもその一角を占めている」

 「もっと言えば、トランプに反対する共和党保守本流の面々もまさにエスタブリッシュメントの中枢にどっかと腰を下ろしている」

 「反エスタブリッシュメント」は、まさにトランプ氏のキャンペーン・スローガンであり、予備選でクリントン民主党大統領候補に挑戦したリベラル派バーニー・サンダース上院議員の主張でもあった。

 「反エスタブリッシュメント」のスローガンそのものはいいのだが、第三者を口汚く罵しり、女性へのセクハラ発言を繰り返していたイアノポウロス氏。堪りかねたツィッターは同氏を「永久追放」している。

 「ブライトバート」編集長を辞任せざるを得なくなったのも反社会的な発言が原因だった。13歳の少年と男女成人のセックス・ビデオをオンラインで流し、「行為は双方の合意で行われた」と指摘したことが物議を醸したからだった。

 次から次へと話題を呼ぶイアノポウロス氏に、全米著名大学の学生団体から講演の依頼が殺到している。今年2月には、カリフォルニア大学バークレー校で講演が予定されていた。

 ところが当日になって、キャンパスに集結した外部の極左アナーキストグループBAMNによる投石・放火騒ぎが起こり、大学当局は中止命令を出した。

 1970年代「フリー・スピーチ」運動のメッカだったバークレーで「言論の自由」、つまり超保守派のイアノポウロス氏の講演を極左グループが妨害し、言論の自由が守られなかったことに保守派メディアからは激しい批判が浴びせられた。

 ドナルド・トランプ大統領はバークレーでの騒動を重視し、「『言論の自由』を守れない大学には連邦補助金はびた一文出せない」と息巻いた。

アイン・ランドの「肩をすくめるアトラス」

 イアノポウロス氏の「オルタナ右翼」の源流は何なのだろう。同氏は本書の中でこう述べている。

 「マンチェスターに在学中、(ある教授から)『Atlas Shrugged』*2を読んではいけないと言われた。何という戯言を言うのか。『何を読み、何を読んではいけないなんて言うやつはうせろ!』と思った。私は3日間でこの本を読破した」

 「その時、目から鱗が落ちるように分かったことがある。今必要なのは、エスタブリッシュメントへの挑戦だということだ。ところが、そのエスタブリッシュメントだってコロコロ変わる」

 「私は天邪鬼だ。もし大資本家たちが皆に嫌わているのなら、私は彼らの主張を守るために戦う」

 「万が一有害薬物がすべて合法だということにでもなれば、私はカウンターカルチャーとして有害薬物反対運動を起こす。麻薬やマリファナが合法化されれば、私は二度と手をつけないだろう」

 「もし皆があのけだるくて怠惰なエイミー・シューマー*3とキスしたがるのなら、私は『フェミニズム(女権拡張運動)は社会の癌だ』という記事を書きまくるだろう」

*2=米女流作家アイン・ランド氏が書いた本。邦訳のタイトルは『肩をすくめるアトラス』(ビジネス社、2004年)。宗教や信仰を拒絶し、合理的で論理的なエゴイズムを訴え、自由放任資本主義の必要性を説いている。米保守主義者やリバタリアンに大きな影響力を与えている。レックス・ティラーソン国務長官もこの本を愛読していたという。

*3=1981年生まれの米コメディアン兼作家、プロデューサー。

過去に遡る、ロリコン常習者を擁護する理由

 主要メディアやコラムニストは、イアノポウロス氏を攻撃している。その際に必ず取り上げるのが、同氏の「ロリコン常習者擁護」についてだ。

 「主流メディアは『不誠実な反トランプ保守主義者と共謀している』と私が書けば、あいつはロリコン常習擁護者だと決めつけている。その通りだ。私はロリコン常習者たちを弁護してきた」

 「なぜか、教えてやろう。個人的体験*4から自分自身を解放させるためだ。忌まわしい過去を少しでも矮小化し、軽視しようとしてきた。だからロリコン常習者について語る時、私はあえて薄っぺらな言葉を使ってきた」

 「それは私の少年時代に経験した暗い過去に対する私なりの対処方法だった。もしそうせずに、他の選択肢があったとすれば、それは私を含めた少年少女を弄び、傷つけたロリコン常習者への容赦ない報復措置だっただろう」

*4=イアノポウロス氏は少年時代、教会の神父に強姦された過去がある。その後その神父の居所を突き止めたが、すでに死亡していたという。

 同氏は、13歳の少年と成人男女との淫らな行為を撮ったビデオをネットに流し、「合意の下で行われた行為だ」と説明した。そのことと自分自身の「忌まわしい過去」について「薄っぺらな言葉」で語った、と言うのだが、それ以上の説明はない。

 同氏がのちに「自分は同性愛者だ」と気づいたことと関連性があるのかもしれない。

「ロシア疑惑でトランプは潔白だ」

 最後に、本書には記述されていないが、疑問に思うことがもう1つある。

 トランプ大統領を「私の親父だ」と言い続けてきたイアノポウロス氏は、「ロシアゲート」疑惑で苦境に立っている大統領をどう見ているのだろうか。

 AP通信とのインタビュー(7月21日)で、同氏はこう述べている。

 「もし今騒がれるロシア疑惑がトランプ大統領とは一切関係ないということが分かった時、情勢は一変する」

 「あるいは、逆にトランプ氏自身が大統領選挙中にロシア政府と何らかの共同謀議を謀り、それだけで大統領に当選したことがはっきりと立証されれば、話は別だ」

 「一般論だが、選挙運動中に候補者本人が陣営内で起こっていることすべてを掌握することなどできない。候補者本人が何も知らされずに何かが起こることだってあり得る」

"Milo Yiannopoulos On Trump, Ariana Grande And Russia," John Carucci, TPM, Associated Press, 7/21/2017
http://talkingpointsmemo.com/news/milo-yiannopoulos-trump-ariana-grande-russia

 英国人として米政治を客観的に見られる立場にある。頭脳明晰な男だ。感情論でトランプ贔屓になったのではないことははっきりしている。

 どうやら「ロシアゲート」疑惑でロシア政府当局者たちと「共謀」していた人物が誰なのか(例えば娘婿のジャレド・クシュナー上級顧問とか、マイケル・フリン前大統領国家安全保障担当補佐官とか)感づいているような口ぶりである。

 ただし、自分が「親父」と仰ぐドナルド・トランプ氏に限って、そんなことは絶対にしていないと確信しているようにも受け取れる。

筆者:高濱 賛