ドラマで使用するバッグや靴もすべて黒柳の私物
 - (C)テレビ朝日

写真拡大

 テレビ朝日で10月からスタートする帯ドラマ劇場ドラマ「トットちゃん!」(毎週月〜金 12:30〜12:50)で、15歳以降の黒柳徹子を演じる女優が、清野菜名に決定したことが発表された。「実在の方を演じるのは初めて」という清野だったが、黒柳が実際に身に着けていた衣装を借りて、タマネギヘアで撮影に向かった彼女の“再現ぶり”には、黒柳本人が「わたしだ!」と驚いたほど。服も足のサイズもピッタリだったという清野は「とても不思議な縁を感じました」と語った。

 本作は40年以上にわたって「徹子の部屋」の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍してきた黒柳とその家族の激動の昭和史を描くドラマ。これまで映像化されていなかった「窓ぎわのトットちゃん」の時代からもエピソードを抜粋し、初めて明かされる黒柳の“国境を越えた恋”も描かれる。

 「このお話をいただいたときは信じられない気持ちでいっぱいで、いったい何が起きたのだろうと思いました」とプレッシャーを語る清野に、黒柳は「わたしの人生は一貫してずっとラッキーでした。ぜひ、そんな明るさを視聴者の皆さんに振りまいて差し上げてください!」とエールを送り握手。また黒柳は、「でも皆さんが思っているより、わたしは早口じゃないのよ。言葉遣いに気をつけて演じていただけたらうれしいわ」と注文も出して、緊張気味の清野を和ませていた。

 またテレビ朝日の服部宣之プロデューサーいわく、清野にはこれまた運命的なエピソードがあるという。なんとドラマのオファーをしたその日に、清野は品川駅の新幹線ホームで生まれて初めて黒柳にバッタリ会っていたのだそう。清野は、「わたしも興味の赴くまま会話を進めてしまうところがあって、そこはすごく徹子さんに似ているなと思いますし、台本に導いてもらいながら、徹子さんの人生をもう一度わたしなりに表現し、それを視聴者の皆さんにお送りしていきたい」と意気込み。また今後の撮影でも、実際に黒柳が着用していた衣装や私物を着用するそうで、「背筋がピンと伸びる思いです」と述べていた。

 清野のほかにも出演キャストとして、黒柳の国境を越えた恋の相手となるピアニストの青年役に城田優、黒柳と親交のあった人気脚本家・向田邦子役に山田真歩、『男はつらいよ』シリーズの寅さんで親しまれ黒柳の大親友だった渥美清役に山崎樹範が決定。そのほか新納慎也、宮崎香蓮、中村メイコ、宮川一朗太、いしのようこ、趣里なども出演する。(編集部・井本早紀)