清野菜名、タマネギヘアで黒柳徹子役『トットちゃん』で全国ネット連ドラ初主演

写真拡大

若手女優の清野菜名が、10月スタートの新ドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系列で毎週月〜金曜12:30〜12:50)で、松下奈緒と共にW主演を務めることがわかった。清野は、本作が全国ネットの連続ドラマ初主演となる。

今春に新設され、倉本聰脚本の連続ドラマ『やすらぎの郷』を放送し、シニア世代をはじめ幅広い年齢層に大反響を巻き起こした枠「帯ドラマ劇場」。同枠の第2弾となる本作では、40年以上の長きにわたって冠番組『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳徹子の半生と、その家族を含む激動の昭和史を描く。清野と松下のほか、山本耕史、豊嶋花、竹中直人、高田純次、八木亜希子、佐藤B作、古村比呂、小澤征悦、高岡早紀、凰稀かなめ、黒坂真美といった豪華キャストも決定している。

『やすらぎの郷』にも出演した清野は、その透明感と爽やかな演技がプロデューサー陣の目に留まり、今回ヒロインとして15歳以降の黒柳役に決定。幼少期を演じる子役・豊嶋からバトンを引き継ぎ、“トットちゃん”として物語をひたむきに駆け抜ける。

この度清野は、若かりし頃の黒柳の衣装を身に着けた“徹子スタイル”で『徹子の部屋』のスタジオを訪問。時空を超えて“二人のトットちゃん”が握手を交わす奇跡の瞬間が実現した。清野がスタジオに現れると、黒柳は「スタジオに入っていらした時、“私だ!”と思いました。本当にビックリしました」と絶賛した。

実は清野が着用していたのは、黒柳が若かりし頃、実際に使用した衣装。バッグや靴に至るまですべて黒柳の私物で、劇中でも黒柳が実際に身に着けた衣装が多々登場する。黒柳は「とてもお似合いですしタマネギヘアもピッタリ。可愛らしいだけでなく、佇まいがとても私に似ていますね」とニッコリ。清野は「すべて徹子さんのスタイルに合わせて手作りされたものなのに、着てみたらすべてジャストサイズ。そこにとても不思議な縁を感じました。これからも徹子さんが実際に着ていらしたものをお借りすると思うと、背筋がピンと伸びる思いです」と恐縮した。

また、オファーを受けた時の心境について、清野は「信じられない気持ちでいっぱいで、一体何が起きたのだろうと思いました」と語るも、「今回、黒柳さんの衣装を身に着けて同じ髪型をしてみたら……“あ! 徹子さんがここにいる!”と自分で思ってしまいました。まるで一瞬、憑依したような……」と違和感なく溶け込めた様子。黒柳は「私の人生は一貫してずっとラッキーでした。ぜひ、そんな明るさを視聴者の皆さんに振りまいて差し上げてください!」とエールを送り、握手。「でも皆さんが思っているより、私は早口じゃないのよ。言葉遣いに気をつけて演じていただけたら嬉しいわ」と “注文”も繰り出し、緊張気味の清野を和ませていた。

ドラマについて、黒柳は「私が生まれる前の物語も描かれるようなので、私が知らないエピソードも多々あると思います。懐かしく思うところも悲しく思うところもあるでしょうし、“こんなこともあったわね”と思いだすこともあるでしょう。さぞや面白かろうと、期待しております」とコメント。清野は「徹子さんに励ましていただいたので、“お転婆で素直でかわいいけれど、気品がある”というトットちゃん像を頭にしっかりおいて、最後まで楽しく演じていきたいと思います。私も興味の赴くまま会話を進めてしまうところがあって、そこはすごく似ていると思いますし、台本に導いてもらいながら、徹子さんの人生をもう一度私なりに表現し、それを視聴者の皆さんにお送りしていきたい。トットちゃんは皆さんに幸せや笑顔を届ける存在だと思いますので、視聴者の方々に毎日ハッピーな気持ちになっていただけるよう、一生懸命頑張ります!」と改めて意気込みを語っていた。

このほか、新納慎也、宮香蓮、中村メイコ、宮川一朗太、いしのようこ、趣里、山田真歩、山崎樹範、城田優の出演も発表された。