画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●イノベーションで閉塞感を打破

ファーウェイは7月27日、2017年上半期の業績を発表し、スマートフォン端末などコンシューマー事業の売上は前年同期比で36%という大幅な伸びが明らかになった。日本を始め、アジアや欧州などで世界的にシェアを伸ばすファーウェイにとって、次の一手とは何なのか。

○日本製部品で作られたスマホを世界に販売

いまやデジタル機器の主役ともいえるスマートフォンだが、市場が示しているのは「成熟化」だ。スマホの普及率が上昇したことで、劇的な成長は見込めなくなってきた。

だがファーウェイはイノベーションでそれを打開できると見る。「若者はすでにスマートフォンを持っているが、より良いものに買い換えたいと思っている。イノベーションによる、インテリジェントなスマホが必要だ」とユー氏は語る。

中国での会見は世界各国に中継されたが、その中でも特に時間を割いたのが日本向けの質疑応答だ。

まず、日本・韓国リージョンのスマホ出荷台数としては、前年同期比で47%増の伸びを示した。さらに家電量販店の売上を集計したBCNランキングでは、ベストセラーの「HUAWEI P9 lite」が単独首位に立った週があるという。

通常は大手3キャリアのiPhoneが独占してきた同ランキングでは異例の事態で、中国本社も注目しているとのことだ。

日本についてユー氏は、自身がファーウェイに入社して以来、常に日本やドイツの品質管理に学ぶよう指導されてきたとのエピソードを語った。

また、同社のスマホはディスプレイやカメラ、メモリーなど多数の部品が日本製であることを挙げ、「我々はメイド・イン・ジャパンの部品を使ったスマホを、日本の端末メーカーよりもたくさん世界で売っている」とアピールする一幕もあった。

●ファーウェイの次の一手

○9月のIFAで独自のAI戦略を発表か

ファーウェイのコンシューマー事業における次の一手としては、人工知能(AI)への注力を挙げた。

これまで同社はCESの基調講演などで、「AIを搭載することで、人間のように振る舞うインテリジェントフォンの時代が到来する」との予言を繰り返してきた。それがいよいよ現実のものになろうとしている、というわけだ。

とはいえ、いまやスマホには「AI」をうたう機能がいくつも搭載されつつある。ファーウェイの「Mate 9」は米国で音声アシスタントの「Amazon Alexa」に対応しており、グーグルも最新のAndroid端末全般に「Googleアシスタント」を提供する。

これに対してファーウェイ独自の強みは、プロセッサーにあるようだ。アップルやサムスンと同じく、ファーウェイは自社開発のプロセッサー「Kirin」シリーズがある。これをAIに対応させ、スマホを始めとするデバイス群に搭載するというのがファーウェイの構想だ。

注目は、スマホ単体でどういった機能を実現できるのか、という点だ。画像認識や音声認識は大きな計算能力を必要とするため、これまではクラウド側で処理してきた。だが「AIプロセッサー」が実現すればスマホ端末上で完結し、反応が高速になるなど、使い勝手は高まるはずだ。

9月にベルリンで開催される「IFA 2017」では、ユー氏自身が基調講演に登壇する。ここで同社のAI戦略について、大きな発表があることは間違いないだろう。

世界のスマホ市場で2強のサムスン、アップルに続くファーウェイは、数年以内に2位に上がることを目指している。独自のAI戦略により、スマホシェアだけでなくテクノロジーブランドとしても、トップクラスの仲間入りをするというのがファーウェイの目論見だ。