画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の清野菜名が、テレビ朝日系昼の「帯ドラマ劇場」第2弾となる『トットちゃん!』(10月スタート、毎週月〜金曜12:30〜)で、ヒロインの黒柳徹子役を演じることが2日、明らかになった。清野は、全国ネットの連ドラ初主演となる。

戦後最大のベストセラーで、これまで映像化されていなかった黒柳の著書『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋する同ドラマ。大石静氏の脚本で、テレビ女優1期生として活躍したNHK時代や、これまで一切語られることがなかった"国境を越えた恋"まで、黒柳の半生に迫っていく。

清野はこのほど、この役を演じるにあたり、黒柳がかつて実際に使用した衣装の"徹子ファッション"を身にまとって『徹子の部屋』の収録スタジオを訪問。黒柳は「スタジオに入っていらしたとき、『私だ!』と思いました。本当にビックリしました」と仰天した。

また、清野が「このお話をいただいたときは信じられない気持ちでいっぱいで、一体何が起きたのだろうと思いました」とプレッシャーを語ると、黒柳は「私の人生は一貫してずっとラッキーでした。ぜひ、そんな明るさを視聴者の皆さんに振りまいて差し上げてください!」とエールを送り、2人は握手。黒柳は「皆さんが思っているより、私は早口じゃないのよ。言葉遣いに気をつけて演じていただけたらうれしいわ」と注文をつけていた。

激励を受けた清野は「トットちゃんは皆さんに幸せや笑顔を届ける存在。視聴者の方々に毎日ハッピーな気持ちになっていただけるよう、一生懸命頑張ります」と気持ちを新たにしていた。

清野の担当マネージャーが今回のオファーを受けたのは、今から約1年前。なんと清野は、その日に品川駅の新幹線ホームでバッタリ黒柳に初めて会ったそうで、テレビ朝日の服部宣之プロデューサーは「まさに運命。徹子さんと清野さんを結ぶ赤い糸が、このドラマを日本中から愛される存在へと導いてくれると信じております」と期待を込めた。

黒柳の子供時代を演じるのは子役・豊嶋花、両親役は松下奈緒と山本耕史が演じるが、その他の共演者も決定。徹子の両親が暮らしていた「乃木坂倶楽部」の住人でダンサーのダニー市川役に新納慎也。戦争中に徹子が身を寄せる疎開先の家族役として中村メイコ、宮川一朗太、いしのようこら。

また、黒柳と親交のあった脚本家・向田邦子役に山田真歩、徹子の親友だった俳優・渥美清役に山崎樹範。トモエ学園の三輪先生役で宮粼香蓮、音楽学校の同級生・咲子役で趣里。そして、国境を越えた恋の相手を城田優が演じる。