Spotifyは、2017年7月の時点で有料会員数が6,000万人を超えたことを明らかにしました。Apple Musicの2倍以上にあたります。Spotifyは、Appleが高いシェアを持つポッドキャストにも本格的に参入する方針と報じられています。

有料会員数が6,000万人超、アクティブユーザーは1.4億人超

ストリーミング音楽配信最大手のSpotifyは、有料会員数が6,000万人以上、無料会員を含めたアクティブユーザーが1億4,000万人以上であることを公式サイトのサービス紹介ページで明らかにしました。
 
2017年3月の5,000万人突破から、およそ4カ月で1,000万人の有料会員を獲得したことになります。
 

 
2015年に参入した後発のApple Musicは、iPhoneの巨大なユーザーベースと、3カ月間の無料期間や独占配信作品を武器に、最大手のSpotifyを追撃しています。
 

 
しかし、Appleが6月のWWDC 17で発表したApple Musicの有料会員数は2,700万人で、Spotifyに大きく水をあけられています。

Appleが独占するポッドキャストに参入するSpotify

Spotifyは、さらにユーザーを取り込むべく、Appleが高いシェアを誇るポッドキャストに本格参戦する、と米メディアBloombergが報じています。
 
Spotifyは、無料会員向けに配信する広告や交通広告で、「Reply All」「Pod Save America」「The Bill Simmons Podcast」といったポッドキャスト番組を宣伝するかわりに、番組内やSNSでSpotifyについて言及してもらう、という取引に合意した模様です。
 
ポッドキャストは、「iPodで聴く放送(Broadcast)」が語源になっているように、AppleのiTunesでの配信シェアが高い状態が続いています。最近はSoundCloudやPandoraがポッドキャストに参入した影響で、Appleのシェアは以前の約70%ほどではありませんが、現在も約55%と過半数を握っています。

アメリカ人の15%がポッドキャストリスナー

アメリカで2017年1月〜2月に実施された調査では、1週間以内にポッドキャストを聴いた人がおよそ15%に達しており、無視できない存在となっています。
 

 
ポッドキャストは、人気番組の多くが定期的に配信していることから、固定ファンの獲得は、自社サービスへのアクティブユーザーの囲い込み成功を意味します。
 
Spotifyは、公式アプリの「ブラウズ」タブ内に「ポッドキャスト」のメニューを設置しています。ただ、少し探してみましたが、日本の番組を見つけることはできませんでした。
 

 
Appleからポッドキャストのユーザーを取り込もうと目論むSpotifyと、オリジナル映像コンテンツの充実をはかるApple Musicによるユーザー獲得合戦は激しさを増しそうです。

 
 
Source:Spotify, Bloomberg
(hato)