トルコ下部リーグでオリーブ油10ℓで移籍が成立…「村人がくれると言ったので」

写真拡大

 トルコの下部リーグで実現した移籍が話題となっている。ガーナ人MFモハマド・スマリアがオリーブオイル10リットルでヨルカリスポルといった地方クラブに渡ったのだ。

『IHA通信』によると、ここ5年間トルコのアマチュアリーグでプレーしてきた25歳のスマリアは元チームメイトからの誘いを受け、ヨルカリスポルへ向かったという。同クラブはムダンヤ地域で開催される大会に参加するため、同選手を1か月間の契約で助っ人として獲得した。

「ムダンヤで行われる大会に出場するために、ヨルカリスポルに移籍した。初めて村のチームでプレーすることになったね」と語るスマリアだが、「ここでプレーするにあたってお金をもらうつもりはなかったが、村の人々がここで生産しているオリーブオイルをくれると言ったのでね。僕はそれを受け取ったよ」と明かしている。