ネイマールのPSG入団会見は“花の都”の名所に!? クラブがパリ市に使用許可を申請か

写真拡大

2012年のイブラヒモビッチ加入時と同じ、トロカデロ広場でお披露目に?

 パリ・サンジェルマン(PSG)移籍が秒読み段階と報じられているバルセロナのブラジル代表FWネイマールだが、その入団会見は“花の都”の観光名所で行われることになりそうだ。

 フランス地元テレビ局「ヨーロッパ1」が報じている。

 ネイマールは史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約289億円)を置き土産にバルセロナを去ろうとしている。移籍秒読み段階に突入したネイマールだが、オイルマネーで潤う新天地のお披露目プランは豪華絢爛なものになりそうだ。

 パリ市内西部で1937年のパリ万博のために建造されたシャイヨー宮を正面に抱くトロカデロ広場で、ネイマールのお披露目式が開かれる予定だという。PSGはパリ市側に、広場の使用を求めていると報じられている。

 これはPSG史上2度目の特別待遇で、2012年にACミランから移籍してきたFWズラタン・イブラヒモビッチも、トロカデロ広場でお披露目式を行っている。昨季リーグタイトルを逃したPSGの新たなシンボルとして、ネイマールはド派手なお披露目式に出席することになるのかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images