メドベデフがマッチポイントをしのいで2回戦へ [シティ・オープン]

写真拡大

 アメリカ・ワシントンDCで開催されている「シティ・オープン」(ATP500/7月31日〜8月6日/賞金総額175万80ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦で、ダニール・メドベデフ(ロシア)が時速207kmを超えるサービスによって、第3セットのタイブレークでのマッチポイントをしのぎ、ライリー・オペルカ(アメリカ)を下して勝ち上がった。

 メドベデフは、タイブレーク前の最後のポイントで足首をひねってしまったが痛みに打ち勝って、2時間26分の戦いの末にオペルカを6-7(6) 6-3 7-6(6)で退けた。彼は次のラウンドで第14シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)と対戦する。

 そのほかの1回戦では、ヘンリー・ラクソネン(スイス)がバセック・ポシピショル(カナダ)を6-7(7) 6-4 6-3で下した。ラクソネンは2回戦で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「シティ・オープン」1回戦を勝ち上がったダニール・メドベデフ(ロシア)(写真◎Getty Images)
Photo: WASHINGTON D.C., DC - JULY 31: DANIIL MEDVEDEV (JPN) during her day one match of the 2017 Citi Open on July 31, 2017 at Rock Creek Park Tennis Center in Washington D.C. (Photo by Chaz Niell/Icon Sportswire via Getty Images)