提供:週刊実話

写真拡大

 新婚人妻・佐々木希(29)が早くもSEX依存症? いやいや、ネット配信ドラマで「SEX依存症女」の役に挑むのだ。
 「玉山鉄二主演、佐々木がヒロインで今秋から配信予定の大手動画配信サービス『Hulu』のオリジナル連ドラ『雨が降ると君は優しい』がそれです。数々の恋愛ドラマをヒットさせてきたカリスマ脚本家・野島伸司氏が描く悲劇的純愛作品なのですが、佐々木はまるで私生活を重ねるかのように、新婚の人妻役を演じる。SEX依存症の役に、業界には激震が走っています」(芸能記者)

 おそらく、多くの人気女優が尻込みしてしまうであろうこの過激役を、なんと佐々木は積極的に“志願”したというのだ。
 「彼女は、SEX依存症の妻のオファーを喜んで受けたそうです。作中では、複数の男たちとの濡れ場シーンが連発されるとみられています。野島氏の作品はリアリティーにこだわるため、ディープキス、フェラといった演出はもちろん、バイブ&電マ責め、野外などさまざまなプレイを彼女が演じることになるのは確実と思われます」(同)

 実際、佐々木は今作に挑むにあたり、「すごい挑戦だな、とやりがいを感じますし、女優として新しい扉が開けている気もします」と意欲満々のコメントを発表しているのだ。
 「画像投稿サイト『インスタグラム』でも7月20日、“最後まで体力、集中、どちらも切らさず一生懸命に…走りたいと思います!”と、劇中でのSEXシーンへの強い意気込みを語ったほどノリ気です。地上波では放送できない内容も描けるのがネット配信ドラマの強みなだけに、乳首ギリギリヌードやお尻のワレメも、勢いで披露する可能性が大。関係者の間では“AV超え”過激作だけに、彼女が本気汁を出すほどの濡れ場になるとの呼び声が高いですよ」(放送担当記者)

 佐々木は結婚後、仕事をセーブし、家庭に入るかと思いきや、むしろ“エロ暴走”を加速させている。
 「6月にはファッション誌撮影中の1コマをインスタで公開。床に股間を押し付ける“180度開脚動画”まで披露し、“ヘアポロリ事故”が起きたと話題になった。新婚早々、そんな刺激的動画をアップする佐々木に、欲求不満説が強まっているのです」(芸能プロ幹部)

 実際、最近の佐々木は多忙だ。4月期にはTBS系連ドラ『小さな巨人』に出演。映画も7月29日公開の『東京喰種トーキョーグール』のほか『一茶』、来年には『伊藤くん A to E』も公開される。そんな状況に“スピード破局危機”を疑う声すら出ている。
 「“30歳までに出産したい”が口癖だった佐々木ですが、いまだ妊娠の話はない。しかも、SEX依存症の人妻役を引き受けたが最後、今秋の放送開始までは妊活すらできないでしょう。それを分かった上で出演を決めたということは、子作りに応じてくれない渡部建(44)への当てつけに他なりません。当面のゴムなしSEXをあきらめたのではないかと囁かれています」(同)

 さらに、渡部との“夜の性活”に強い不満を抱いているという見方もある。
 「多忙な佐々木と所属事務所を気遣うあまり、渡部は子作りに消極的なようで、“ナマSEX”を拒んでいるようなのです。佐々木は、夫の渡部に対し不満を強めており、激しいSEX願望が肥大化している。そんな性欲の爆発が、SEX依存症役の演技で炸裂する可能性は高い。AV以上に“ヌケる”濡れ場が期待できますよ」(スポーツ紙記者)

 新妻・希が「(役を)思いっきり楽しみたいと思います」との発言は「すべて“本気汁”」での勝負ということか。夫・渡部建も気が気でない?