阪神タイガースが守備妨害で試合終了 上本博紀が相手捕手と接触

ざっくり言うと

  • 1日、反撃ムードの阪神がまさかの展開で広島に1−4で敗れた
  • 9回で西岡剛が二盗に成功したかに思えたが球審が守備妨害を宣告し試合終了
  • 試合後、審判は上本博紀が相手捕手と接触していたと説明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング