世話いらずでおしゃれ。ボタニカルインテリア「スワッグ」の作り方

写真拡大 (全3枚)

切り花が持ちにくくなる夏。代りに楽しみたいのが、ブーケのような壁飾り「スワッグ」。水の手入れもいらないし、だれでも簡単にすぐ作れる、おしゃれなボタニカルアイテムです。
ミントや笹で夏を表現
たとえば今の季節なら、ミントを使い、その爽やかなアロマで涼を楽しむのもすてき。またゼラニウムを窓辺に吊るせば、虫よけにもなります。そして笹を加えれば、七夕気分にも。ちなみに2017年の伝統的七夕は8月28日です。
こうしてアレンジを考えるひとときも良いものですが、そもそもの作り方を知っていないとはじめられません。

そこでぜひ参考にしたいのが、『花の壁飾り スワッグの作り方』(誠文堂新光社 編)です。
ドライになっても緩まない束ね方
まず一番知りたいのは、ドライになっても崩れない束ねかたです。麻ひもで縛るだけという人も多いけど、ドライになった茎が細くなり、スルっと抜けてしまうのが心配でした。ですがこの本では、まず輪ゴムを使うようです。

すべてを束ねたら、茎の足元を輪ゴムでしっかり縛る。ここが緩いとスワッグが崩れてしまうのでしっかりと。
(『花の壁飾り スワッグの作り方』P98より引用)

そのうえでさらにスワッグの裏側を持ち、ロープを巻いていくようです。

根元から輪ゴムの下部分にロープをかけて輪を作る。
輪を左手の親指でおさえながら、茎の先端に向かってロープをきれいに巻き上げていく。
(『花の壁飾り スワッグの作り方』P98より引用)

その後はロープの先を、あらかじめ作っておいた輪に上から通し、ロープをグイっと引いて締めるのだとか。このようにしっかりと束ねれば、ドライになっても緩む心配はなさそうです。
本もすてきなインテリアになる

このように基本の作り方も写真つきで解説してくれているので、わかりやすいのがうれしいですね。もちろん作り方だけでなく、さまざまなアレンジの方法も提案してくれているのですが、そのページをめくるたびに、ため息が出るくらいにセンスあふれる写真が載っているのも魅力。まさに本そのものも、飾りたくなるような一冊です。
見てためになる、飾ってインテリアにもなる。美しい『花の壁飾り スワッグの作り方』。書店はもちろん、Amazon、楽天ブックなどのネット販売からでも購入可能です。
[『花の壁飾り スワッグの作り方』]
image via Shutterstock